お酒 > ウイスキーを除く全般

このページは、http://pc.usy.jp/wiki/411.htmlでもアクセスできます。

グラス総合スレ のテンプレートとまとめです。

目次

 

現行スレッド †

現行スレッド
グラス総合スレ3

前スレッド
グラス総合スレ2

過去スレッド一覧

テンプレ †


>>1 †

 グラス関係のスレです

 激安or種類が豊富な店の紹介
 お気に入りのカクテルグラス紹介

 などにどうぞ

 スレッドまとめwiki(テンプレ含む)
 http://pc.usy.jp/wiki/411.html
 過去スレッド一覧
 http://pc.usy.jp/wiki/411.html#kbc48bb5
 
 前スレ
 グラス総合スレ3
 http://peace.2ch.net/test/read.cgi/sake/1451816986/

過去スレ †

グラス総合スレ3
グラス総合スレ2
グラス総合スレ

カクテル・グラス †

カクテル・グラス - Wikipediaより
ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/カクテル・グラス

  • カクテル・グラス
    • ボウル(液体の入る部分)の形が、基本的に逆三角形型をした、ショートドリンク(ショートカクテル)を飲む際に広く用いられる、脚付きのグラスである。カクテル関連書籍では、基本的に「カクテルグラス」ではなく、「カクテル・グラス」と表記される。

概要 †

カクテル・グラスは、カクテルを飲むために用いられるグラスの1つである。
カクテル・グラスの形状は、ボウルの形が逆三角形型となっているものを基本としており、長い脚が付いている。
この形状のため、あまりグラスを傾けずとも、グラスの中身を飲むことができる。
しかし、丸型のカクテル・グラスと言って、ボウルの形が上を向いた半円形をしている場合もあるし、その他の形状のものもあり、デザインは豊富である。
なお、丸型のカクテル・グラスなどにも、長い脚が付いている。脚が付いているグラスはステム・グラスと呼ばれるが、このカクテル・グラスは、ステム・グラスの代表とも言われる。
グラスの容量は75〜90ml程度と、通常のコップなどと比べて少ないのも特徴だ。
ただし、カクテル・グラスの容量は、75〜90ml以外のものも存在する。
また、通常のコップには陶器製のものなどもあるが、カクテル・グラスは必ずガラス製である。
なお、カクテル・グラスに用いられるガラスは、基本的に無色透明だ。
ちなみに、もしも、カクテル・グラスの脚に気泡が入っている場合、そのカクテル・グラスは粗悪品であり、脚が折れやすい。

用途 †

カクテル・グラスは、その名の通り、カクテルを飲む時に用いられる。
しかし、カクテルの中でもロングドリンク(ロングカクテル)を飲む際には用いられず、ショートドリンク専用ともいえるグラスである。
つまり、それほど時間をかけず(だいたい5〜15分以内)に飲み干すことが薦められるカクテルを飲むために、使用されるのである。
なお、ショートドリンクは温度が上がると味が落ちるとされるため、なるべくカクテル・グラスを冷やした上で、カクテルを注ぐことが望ましい。
また、グラスの中身を飲む際、脚の部分を持ち、ボウルの部分に手をかけないのも、少しでもカクテルの温度を上げないためである。
無論、バーテンダーも客にカクテル・グラスに注いだカクテルを出す時、ボウルの部分に触れたりすることはない。

色について †

カクテル・グラスは、カクテルの色を邪魔しないよう、基本的に無色透明である。
逆に言えば、無色透明なカクテル・グラスでなければ、今から作るカクテルの色を考えた上でカクテル・グラスの色を選ばねばならず、汎用的には使いにくいとされる。
カクテル関連書籍には、カクテルの色別の索引が作られることもある。

容量について †

カクテル・グラスの容量は、様々なものがある。
代表的なもので、60ml、75ml、82.5ml、90ml、120ml、150mlとある。
これらの中で、元々、日本では75ml、ヨーロッパでは82.5ml、アメリカでは90mlのカクテル・グラスが、それぞれ標準とされてきた。
ちなみに、国際バーテンダー協会(IBA)が主催するカクテル・コンクールでは、通常のカクテル・グラス(Cacktail Glass)として容量90mlのものが、大型のカクテル・グラス(Double Cacktail Glass)として容量120mlや150mlのものが指定されている。

日本での容量の変遷 †

日本では、年代がくだるにつれ、カクテル・グラスが大型化する傾向にある。
かつて日本では、あまり大きなサイズのカクテル・グラスは普及していなかった。
カクテル・グラスには、容量60mlと容量75mlがあるとの記述 や、容量60mlと容量75mlと容量90mlの3種があるとの記述があるが、それ以上の容量のものが記されていないこともあった。
また、容量60mlが普通であるが、アメリカ型のものとして容量90mlという大型のカクテル・グラスが存在するという記述のある書籍 が存在していたことからも判るように、日本では1980年代まで、容量60mlのカクテル・グラスを標準的なものと考える者もいた という事実がある点、さらに、容量90mlのカクテル・グラスが大型のカクテル・グラスとして区別されていた点は注目に値する。

この中で、日本では、次第に容量75mlのカクテル・グラスが一般的となった。容量75mlを標準とする記述は、多くの書籍で見られる。
対して、容量60mlのカクテル・グラスに言及されることは急速に少なくなってゆく。
その後、国際的なカクテル・コンクールでは、容量約90mlのものが使用されることの影響もあり、容量90mlのものが使われ始める。そして、容量90mlのものが広く使われ出して、現在に至る。
かつては紹介されないことすらあった容量90mlのカクテル・グラスを、標準とするとの記述が、多くの書籍で見られるようになった。

しかし、同一人物による著書でも、以前の書籍では容量75mlを標準とするとなっていたのに、新しいものになると、容量90mlを標準とすると記述が変わっているのも、見逃せない事実である。
つまり、日本でのカクテル・グラスの容量は、75mlを標準としていたものが、90mlを標準とするように変化していっているのだ。

それでも、日本では容量75〜90ml程度のカクテル・グラスが一般的と考えるのが良いだろう。

代用されるグラス †

ショートドリンクの中でも完成時の量が多くなるカクテルについては、容量75〜90mlのカクテル・グラスではなく、さらに容量の大きなカクテル・グラスが用いられることもある。
しかし、大型のカクテル・グラスが指定されているレシピのカクテルの場合、容量の大きなカクテル・グラスを用いるのではなく、ソーサー型のシャンパン・グラスで代用されることが多々ある。

代用の背景 †

日本では、あまり大きなサイズのカクテル・グラスは普及していなかったため、また、特に容量120ml以上の大型のカクテル・グラスに至っては、なおのこと普及していないため、ショートドリンクに分類されるカクテルの中でも、比較的大きな容量を必要とするカクテルを作る場合、大型のカクテル・グラス(容量90ml以上)を用いるのではなく、ソーサー型のシャンパン・グラス(容量120ml程度)で代用するということが、しばしば行われるようになった。

シャンパン・グラスについて †

シャンパン・グラスにはフルート型という、高さが高いタイプのものもあるが、こちらはカクテル・グラスの代用グラスとしては用いられない。
これは、ソーサー型のシャンパン・グラスはシャンパンで乾杯する時に、フルート型のシャンパン・グラスは比較的ゆっくりとシャンパンを楽しむ時に用いられるわけだが 、カクテル・グラスと同様に、短時間で飲み干すためのグラスという共通点のある、ソーサー型のシャンパン・グラスが、カクテル・グラスの代用グラスとして用いられるのである。

代用の現状 †

2009年現在 でも、このような代用は行われている。アイ・オープナーやクローバー・クラブやナイト・キャップなどなど、特に鶏卵が材料として用いられるショートドリンクを作る際に、代用が行われることが多い。これらのカクテルでは、使用するグラスとして「大型のカクテル・グラス」ではなく、「ソーサー型のシャンパン・グラス」と書かれたレシピも多く見かけられる。

過去ログ †

グラス総合スレ3より

2 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 19:39:32.73 ID:YGLmlvuH
ここグラスのスレと言っても、ウイスキーグラス専だよね。 

ウイスキーグラスといえるのは、グレンケアンしかなくて、他はウイスキーグラスのような形をした紛い物だから、語るに値しないと思うけど。 
 
3 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 20:05:19.92 ID:YUM4j4p0
ウイスキーグラス専なんて誰が言ったんだよw 

4 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 20:19:13.67 ID:bUSJUO4p
>>1乙 

海外デパートの通販見たがすごいな! 

日本では見た事ないイカしたグラスがいっぱいあって超テンション上がる! 

5 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 20:21:57.90 ID:mpIC36Yd
ティファニーの白ワイングラスで日本酒を今呑んでる俺がいう。 

前々スレは有益だったが前スレの無益なのはいらない。おまえらは別でやれ。 

7 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 21:57:17.73 ID:J9npVLr/
25年くらい前に、ガラス工芸やってた知人から聞いた話なんだけど 
度数の高い酒(ブランデー・ウィスキーなど)を24%超えの 
クリスタルガラスのグラスに入れると鉛が酒に溶け出すので、 
ヨーロッパでは製造禁止になる方向だって事だった。 
その後この件がどういうふうになったか知らないんだけど 
ご存知の方がいたら教えて欲しいんです。 
知人は子育てで活動休止したし、最近は全然こちらも連絡していないので 
その後を知りようが無いんです。 
リーデル使ってブランデー呑んでるので少し不安。 

8 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 22:22:21.91 ID:xNpWw65n
>>7 
リーデル使いなら、リーデルのサイトを覗けばよかったんでないの? 

http://www.riedel.co.jp/blog/2011/lead 

>ガラス中の酸化鉛は分子構造に完全に溶け込んでいるので、鉛が溶け出して健康に害を及ぼすことはありません。 
>しかもリーデルグラスは世界各国の厳しい法定基準をクリアしていますのでご安心を。 

9 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 22:41:49.56 ID:bUSJUO4p
取り敢えず結論から言うと、現行のブランドものは鉛中毒にはなりません! 

はい解散! 

11 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:06:24.48 ID:YGLmlvuH
>>9 
いやいや、バカラらリーデル、スワロフスキー 
この3社は思いっきり酸化鉛を使ってる悪質企業で、リスクハイだよ。 

グレンケアン以外は使う意味がない。 

12 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:07:05.18 ID:YGLmlvuH
>>9 
いやいや、バカラ、リーデル、スワロフスキー 
この3社は思いっきり酸化鉛を使ってる悪質企業で、リスクハイだよ。 

グレンケアン以外は使う意味がない。 

13 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:09:27.86 ID:sxeZ2tjZ
グレンケアン リーデル 鉛 クリスタル をNGすれば快適 

15 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:12:50.35 ID:bUSJUO4p
>>11 
また前のスレにいた奴か… 
好きなら好きで別にいいじゃねえか。 

俺なんか基本バカラしか使わないが、だからと言ってそれを人にその考えを押し付ける気はないぞ。 

自分の好きな物を広めたいなら、世の中に色んないい物がある事を認めなさい。すると自分が現状 何故こうもウザがられているのかわかりますから。 

16 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:15:42.63 ID:YGLmlvuH
>>15 
バカラは一番、悪質だよ。 
今時、鉛の使用量を自慢するとは、空気読めない、時代錯誤も甚だしい。 

17 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:29:57.00 ID:mpIC36Yd
グレンケアンいいよな。オレも愛用。 
ただ、お前はあおりのクズ。 

18 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:33:30.52 ID:YGLmlvuH
>>17 
いや、俺は正真正銘のグレンケアン信者で、真面目にグレンケアンの良さと、同時にバカラやスワ ロフスキーなどの悪質な企業がいかに悪質かを説いている。 

19 :呑んべぇさん:2016/01/03(日) 23:55:51.11 ID:IgJWK0sF
>>18 
君の専用のスレ建てなよ 
言いたい事は凄く良くわかるんだが、ここはグレンケアン専用じゃ無いし 

20 :7:2016/01/04(月) 00:10:27.22 ID:8jQAf8Xj
>>8 
なんらかの対策がなされたか、試験結果から大丈夫と判定されたのでしょうかね? 
欧米の会社が公式で公言しているなら安心できます。 
しかしアンティークグラスに手を出すのは控えます。 
情報をありがとうございました。 

21 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 00:16:06.64 ID:1RbYRwD2
マジレスもバカバカしいがクリスタル製造で鉛中毒なんて何世紀も前の話 

EUのだいぶヒステリックで非科学的と言われるRoHS指令でもガラスの中の鉛 
は除外されてる 

鉛忌避の流れはあったが逆にガラス中の鉛はその含有量にかかわらず安定している 
事が周知される結果となった 

産業廃棄物処理を研究している人の中には鉛の廃棄法として最も安全な方法は 
ガラス化する事だという人さえいる 

但し現状 いくら安定した状態とはいえ ガラスを水で冷やしながら研磨する際の 
冷却水の排水に鉛を含むガラス粉が混入する事には規制がある 
排水からガラス粉を除去するには新たな設備投資が必要となりそれは製造者への 
コスト負担とはなった 

その為今後の規制強化も想定して鉛クリスタルからカリクリスタル等への素材変更 
を実施したメーカーもある 
そしてまた設備投資が少なくて済むことからタイ等東南アジアでのカリクリスタル 
製造が量・質ともに向上していている 

22 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 00:29:05.58 ID:QGDQSst3
3,4ozのカクテルグラスって少ないよな 
高いやつはあるが安いやつはみんなデカイかソーダガラスか 

23 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 00:29:37.82 ID:8jQAf8Xj
>>21 
>安定した状態とはいえ ガラスを水で冷やしながら研磨する際の 
 冷却水の排水に鉛を含むガラス粉が混入する事 
↑これは何を心配しているのか? 
表面積が大きくなると溶け出す量がわずかでも 
総量が増えるので問題になるのか? 
そうなら鉛クリスタルは使ってはいかんな。次世代の為に。 

24 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 00:38:59.84 ID:1RbYRwD2
何も現実的な問題はない ただ排水に含まれる「鉛」と言うだけで規制がかかる 

そして排水の処理が義務付けられたから二重の意味で次世代に禍根を残すことは無い 

26 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 01:33:36.21 ID:O0XIWBGG
製造工程で鉛を含むガラスを熱した際に気化する成分を吸入するリスクが高い。 
これが製造にかかわる従業員の健康に害を及ぼしてきた。 

27 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 05:47:01.01 ID:PjhR71R5
>>23 
外部環境への、鉛を含む物質の排出が規制されてるってだけの事だろう 
フィルター等があれば何も問題ない 

28 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 06:49:22.63 ID:O0XIWBGG
気化したものはフィルターでは除去出来ない。 

33 :呑んべぇさん:2016/01/04(月) 09:03:50.84 ID:O0XIWBGG
勘違いするな。 
グレンケアンは鉛とは無縁だ。 
鉛に犯されてるのはバカラやスワロフスキーだ。 

Counter: 1570, today: 2, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-15 (金) 19:04:58 (1745d)