第一夜 〜 はじめに 〜

はじめに †

内蔵ハードディスク (HDD) 換装情報は、S社製レコーダでは他社と比べ少なく、増量換装の情報に至ってはほぼ皆無である。
HDD を認識させるためのメンテナンスモードへのアクセスに独自の信号を送信する必要があるためと考えられる。
S社製レコーダーの利点は、一度取り外した HDD でも再度 ID 登録することで録画タイトルを再生できる点にある。
すなわち HDD 容量いっぱいまで録画した後、新しい HDD に取り替えても、取り外した以前の HDD に戻せば
いつでも再生できる。しかも外付け HDD 接続端子を持たない古い機種でもそれが可能である。

ここでは、内蔵 HDD を同量・増量換装できたという、あまりにリアルな夢を見たので、それについて述べる。

おおまかな流れを以下に示す。

同量・増量換装
1. 内蔵 HDD をレコーダーから取り出す。
2. 取り出した HDD の先頭 1 または 3GB 分のデータを dd コマンドを使い取得する。
3. 新しい HDD に上記 2. で得られたデータを dd コマンドを使い書き込む。
4. 新しい HDD をレコーダーに取り付けメンテナンスモードから HDD-ID を一致させる。
5. 新しい HDD を初期化する。
6. レコーダーを起動し新しい HDD が正常に機能するか確認する。

増量換装
7. 上記 5. で初期化した HDD をレコーダーから取り出す。
8. 取り出した HDD の先頭 1-2GB または 3-4GB 部分と末端 2GB 分のデータを dd コマンドを使い取得する。
9. 得られたデータを バイナリエディタを使い修正する。
10. 修正したデータを新しい HDD に dd コマンドを使い書き込む。
11. 新しい HDD をレコーダーに取り付ける。
12. レコーダーを起動し新しい HDD が正常に機能するか確認する。

 

検証には、以下の9機種を使用した。

DVD レコーダー 機種名 (発売月・内蔵 HDD 容量)
 DV-AC82   (2008年 3月・250GB)
BD レコーダー 機種名 (発売月・内蔵 HDD 容量・長時間録画モード)
 BD-HDW25  (2008年 7月・500GB・2-5倍モード)
 BD-HDW30  (2008年 7月・1TB・2-5倍モード)
 BD-HDS63   (2011年 2月・320GB・2-10倍モード)
 BD-HDS65   (2010年11月・500GB・2-10倍モード)
 BD-HDW70  (2010年 7月・1TB・2-10倍モード)
 BD-HDW75  (2011年 4月・500GB・2-12倍モード)
 BD-HDW80  (2011年 4月・1TB・2-12倍モード)
 BD-W560   (2014年 6月・500GB・2-12倍モード)

 

注意事項 †

HDD を置換するには、レコーダー内蔵 HDD を取り出さなければならないので、以下の点に十分注意する。

1. メーカー保証・修理が受けられなくなるかもしれないことを理解する。
2. 感電・火災等の不慮の事故を防止できるよう、電源等ケーブル類をレコーダー本体から確実に抜いておく。
3. コンデンサーは放電し切っていないので、むやみに基盤をドライバー等で触らない。
4. 電子部品は静電気に脆弱であるため、自身の静電気を放電してから作業するようにする。

作業を行う上で注意すべき点として、

5. この内容は macOS 上で実施・検証しているので、他の OS で上手くいくか保証できない。
6. 作業には dd 等の破壊的コマンドを使用せざるを得ないため、その危険性を理解する。(文献 1)
 もし自信がなければ周囲の詳しい人に教授を乞う。
7. 数GB のデータを PC 上で処理するため、PC の性能や PC の HDD 空容量には気をつける。
8. この内容は手元の1個体での結果であり、同型機種すべてのレコーダーで成功するとは断言できない。
9. 大人の事情で、残念ながら詳細(あからさま)に記述できないことを理解いただきたい。(文献 2,3)

その他、当たり前のことであるが、

10. ダウンロードしたファイルなどは、使用前に必ずウィルスチェックを行うこと。
11. 作業に伴う一切の損害は関知しません、すべて自己責任でお願いします。

 

換装作業を円滑に行えるように、予めレコーダーの「番組表取得設定」と「チャンネル再編」を「しない」に設定しておく。
 <設定> → <デジタル設定> → <番組表設定> → <番組表取得設定> で「しない」を選択。
 <設定> → <視聴準備> → <チャンネル設定> → <チャンネル再編> で「しない」を選択。
これをしておかないと、電源を切るたびに本体液晶に「EPG」の文字が表示され番組表取得が開始されたり、
チャンネル再編情報のダウンロードが始まってしまう。
アンテナケーブルを繋いでいなくてもこれらダウンロードが始まる不思議な仕様である。

レコーダーが故障する主たる原因は、HDD エラーの発生によると考えられる。
実際今回検証に供した BD レコーダーは、予算の関係上ジャック品として入手したものばかりであるが、
そのほとんどに HDD の先頭・末端領域での I/O エラーが認められた。
HDD のデータを解析したところ、HDD の先頭・末端部分はいわゆるシステム管理領域と呼ばれる領域であり、
レコーダーを起動するたびに書き換えが生じるため、I/O エラーが発生しやすいのだと考えられる。

HDD の寿命を少しでも延ばすためには、

1. 一発(クイック)起動を設定しない。

 HDD に休む暇を与えない過酷な設定。購入時に販売店でも注意されるので、周知の事実である。

2. なるだけ電源プラグを抜かない。

 節電ムードが吹き荒れた時期、外出時こまめに電源プラグを抜いていたところ故障に至った。
 起動時だけでなく通電開始時にもシステム管理領域の更新が行われる。

3. 電子番組表 (Electronic Programming Guide: EPG) データは取得しないように設定する。

 EPG データは定期的にダウンロードされ、HDD の先頭および末端の両端の同じ場所に上書きされる。~
 

本内容を公開する理由として、長年愛用してきたレコーダーをなんとか自力で修理できないかと試行錯誤した結果であり、
どうせなら HDD 容量を増やしたいと思うのは人間の性(さが)である。
しかしながら、皆さんに改造を勧める意図はなく、ましてや新機種への買い替えを阻み、
メーカーの営業を妨害する意図もまったくないことをご理解いただきたい。
(そもそも、現実の話ではなく、夢のお話なのですから。)
この内容は、あくまで HDD 交換による延命治療の一種であり、レコーダー不調の原因には、
HDD 以外にも BD ドライブ、背面ファンそして基盤など多数存在する。
もし手に負えないようであれば、メーカー修理か買い替えを検討することを強くお勧めする。

そして最も強調したいのは、

「この一連の内容に基づいた商用目的での使用を一切ご遠慮願いたい」ことである。

以上の注意事項をご確認のうえ、ご理解くださいますようお願いします。

 

準備するもの †

ハードディスク
AV ストリーミングフィーチャーセット(AV コマンド)対応の HDD でないと内蔵 HDD として動作しない。
手持ちの HDD が AV コマンド対応か否かを調べる方法については文献 4-6 を参照。

AV コマンド対応の HDD については、HDD・BD・DVDレコーダー/HDD換装 (文献 7) に詳しい。

AV コマンド対応かを調べるのに最も確実なのは HDD の仕様書を確認することである。

SEAGATE ホームページ
検索窓で HDD モデル名を入力し、Product Manual で AV コマンド対応かどうか (Word 84) を調べることができる。

HGST ホームページ
「Products」カラムで HDD モデルを選択するとその下に関連文書が表示される。
HDD Specification のリンクから AV コマンド対応かどうか (Word 84) を調べることができる。

Western Digital と TOSHIBA では仕様書を見つけられなかった。

Western Digital については、Panasonic DIGA 換装用 ハードディスク(HDD)について (文献 8) に詳しい。

TOSHIBA については、DT01ABA050V/100V/200V/300V などモデル名末尾が「V」であれば AV コマンド対応。

HDD の回転数については、7200 rpm よりも 5000 rpm 台の方が発熱が少なく安全と思われる。

AV コマンド対応の中古 HDD を各機種に内蔵 HDD として接続し確認してみた。

	機種名          1TB-HDD         2TB-HDD         3TB-HDD
	DV-AC82         NG*1            NG              NG
	BD-HDW25        OK              NG              NG
	BD-HDW30        OK              NG*2            NG
	BD-HDS63        OK              OK              NG*3
	BD-HDS65        OK              OK              NG*3
	BD-HDW70        OK              OK              NG*3
	BD-HDW75        OK              OK              NG*3
	BD-HDW80        OK              OK              NG*3
	BD-W560		OK              OK              OK
	
	容量   Maker  Model                ファームウェア・AFT
	1TB-HDD : HITACHI HDS721010KLA330	ATA/ATAPI-7
	1TB-HDD : TOSHIBA DT01ABA100V		ATA8-ACS version 4 AFT
	2TB-HDD : HITACHI HDS5C3020ALA632	ATA8-ACS version 4
	3TB-HDD : WD Red  WD30EFRX-68EUZN0	ACS-2 AFT
	
	OK: 正常に起動し HDD 録画残時間に全容量分表示できる。
	NG: 正常に起動しない。電源赤ランプ点滅のままか再起動を繰り返す。
	*1: HDS721010KLA330; 正常に起動するが 500/845GB までしか増量できない。
	    DT01ABA100V; 再起動を繰り返し起動できない。
	*2: 正常に起動するが 1TB までしか増量できない。
	*3: HDD-ID 登録できるが 801GB と誤認識される。
 

今回調べた結果では、内蔵 HDD は姉妹機種の最大搭載 HDD 容量までしか増量換装できないようだ。
 DV-AC82: DV-ACW80 (1TB) であるが実際は、500GB HDD 2台のマスター・スレーブ方式
 BD-HDS63〜BD-HDW80: BD-HDW700 (2TB) が最大搭載 HDD 容量
 BD-W560: BD-T3600 (3TB) が最大搭載 HDD 容量

DV-AC82 では 1TB-HDD を用いて最大 845GB 容量まで増量できたが、AFT には非対応。
興味深いのは、BD-HDS63〜BD-HDW80 においていわゆる 2TB (2.2TB) の壁が存在することである。
確たる証拠はないが、SATA/AHCI ドライバのバージョンが低いためと思われる。文献 9
BD-HDW25 と BD-HDW30 での 2TB HDD 認識の違いもこれに起因するものと思われる。

実際問題として、一つの HDD に録画できるタイトル数の上限が 1000 タイトルまでと制約があるので、
2TB 程度で十分ではないかと思われる。さらに多くのタイトルを録画したければ、
一手間かかるが、HDD を取り替えれば容量無限大にすることができる。
(SATA ケーブルをレコーダー本体外に引き出し、HDD 防振・発熱対策を講じれば便利かも)

SATA接続 HDD ケース
HDD のデータ読み出し・書き込みに使用する。不要な外付け HDD を分解して使ってもよい。
3.5/2.5 インチ HDD 両方を接続できるものを選ぶこと。
古いタイプには 2.2TB 以上の HDD には対応していないものがあるようなので注意が必要。
3.5 インチ HDD の場合には電源が必要(USB からのバスパワーでは電圧不足)。
パソコンなしで HDD をまるごとコピーできる「HDDスタンド」も2台同時に接続できるので便利。
ただし、どちらがソース・ターゲットを識別できないと悲劇が訪れる。
また、ソース HDD に I/O エラーが発生するとそこで無限ループとなりいつまで経っても終了しないため、
中にはエラースキップ機能を搭載した上位モデルも存在する。

赤外線リモコン
HDD-ID を一致させるのに必須。携帯端末でもアプリ導入で代替可能らしい(未確認)。
BitTradeOne?社の「AD00020」が広く用いられている。
自分ではんだ付けする「キット版」と「組立済版」の2種類が販売されている。
A:miniB タイプの USB ケーブルが別途必要。
赤外線リモコン送受信プログラム … DSAS開発者の部屋: 親指サイズの USB 赤外線リモコンが面白い (文献 10)よりダウンロード。

重要:赤外線リモコンが使用できるかの確認
新しい HDD に換装しても HDD-ID を一致させないと動作しないため、HDD 換装を行う前に正常に機能するか事前に確認しておく。

レコーダーを起動し「スタートメニュー/ホーム」→「各種設定」→「管理設定」→「システム動作テスト」へと移動後、
macOS のターミナルで赤外線リモコン送受信プログラム「BtoIrRemoconMac?」のフォルダに移動。
赤外線リモコンをレコーダー受信部に向け、以下を入力しリターンキーで送信する。

	$ BtoIrRemoconMac C1AA5A8F30F501

テレビ画面に「メイン検査メニュー」が表示できれば成功。表示できなければ、キーボードの「control」キーと「c」キーを同時に押下し
一旦コマンド実行を中断させ、再度同じコマンドを入力し送信する。何度か実行すれば成功する。
「メイン検査メニュー」右下の「HDDID」の項目が、HDD 換装前では「済」と表示されるが、新しい HDD に換装時には「不一致」となる。
メンテナンスモードへの入り方は文献 5,11,12 に詳しいのでそちらを参照。

このメンテナンスモードへの入り方の発見ならびに送受信プログラムを開発してくださった先人の方々に深く感謝いたします。

その他
一般工具 … (マグネット付き)プラスドライバー・綿棒・エアーダスターなど

PC … dd や hexdump コマンドが使える環境。macOS、Linux または Cygwin を導入した Windows

バイナリエディタ … HDD ディスクイメージの編集・確認
 macOS では、「HexEdit? v2.2.0 J」「Hex Fiend」など
 Windows では、「HxD」「Stirling」など
 linux では、「hexedit」「vi」「vim」など

P社製のレコーダーでは「HxD」を用いて直接 HDD 上のデータを書き換えているが、
ここでは書き換えるデータが多岐・広範囲に及ぶため、バイナリエディタで修正してから HDD に書き込む。

使い慣れた「HexEdit? v2.2.0 J」をメインに使っているが、直接 HDD の中身を確認したい場合には、
アプリケーションフォルダー内の「Hex Fiend.app」を右クリックし「パッケージの内容を表示」をクリック、
Contents/MacOS/Hex Fiend とたどり、ターミナルで「sudo」とタイプした後にそのファイルをドラッグする。

$ sudo /Applications/Hex\ Fiend.app/Contents/MacOS/Hex\ Fiend

リターンキーを押し、パスワードを入力すると、「Hex Fiend」がルート権限で開くので、
メニューの「File」→「Open Drive...」で目的の HDD を指定すれば読み込むことができる。

 

レコーダーからのHDDの取り出し †

注意:感電の恐れがあるので、作業の前にレコーダーの電源コードは必ず抜いておく。

本体の側面・背面のネジを外しキャビネット(上蓋)を取り外す。
HDD に接続している SATA ケーブルと電源ケーブルをゆっくりと引き抜く。
HDD をレコーダー本体に固定しているマウンター取り付けネジを外し HDD をマウンターごと取り外す。
マウンターに HDD を固定しているネジを外し HDD とマウンターを分離する。
ネジは穴を開けた空き箱等に差し込み保管し、取り外した場所に戻せるようする。
本体内部は埃が溜まっているので、この際綿棒とエアーダスターで掃除しておく。
レコーダー本体前面カバーは上下左右で爪で引っ掛け固定しているだけなので、
爪の引っかかる部分を壊さないよう注意すれば簡単に取り外すことができ、
本体内部の清掃がしやすくなる。電源ボタン・トレイ開閉ボタンの状態も確認できる。

注意:基板上のコンデンサは完全放電されていない場合があるので HDD 以外むやみに触らない。
   体に蓄積した静電気によっても電子部品に悪影響を及ぼすので、
   冬場や静電気を溜め込みやすい体質の人は特に気を付ける。

 

文献 †

  1. Wikipedia dd (UNIX)
  2. 元祖アセロラのページ: BDZ-X95(T-55)、HDD換装  ※備忘録※
  3. 縁側: 正常なHDDのデータを公開できないか確認したら、駄目でした
  4. ukkiのブログ: DMR-BXT3000 No.14 AVコマンド対応かどうかを簡単に確認する方法
  5. ひでのブログ: HDD が AV コマンド対応か調べたい
  6. Lesson440: HDDがAVコマンド対応かどうか確認してみた WD Purple 4TB WD40PURZ/40PURX
  7. HDD・BD・DVDレコーダー/HDD換装
  8. Lesson440: Panasonic DIGA 換装用 ハードディスク(HDD)について
  9. にししふぁくとりー: 2.2TBの壁を突破させて3TBのHDDをWindowsに認識させた方法の記録
  10. DSAS開発者の部屋: 親指サイズの USB 赤外線リモコンが面白い
  11. ooharakの日記: 2014-03-27/シャープ HDD/DVDレコーダーのHDD換装
  12. 家電修理とジャンク品再生の休日: Sharp ブルーレイ レコーダ「BD-H50」HDD故障の修理
  13. HexEdit 日本語版のページ

Counter: 105, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-06 (土) 07:09:06 (16d)