このページは、http://pc.usy.jp/wiki/314.htmlでもアクセスできます。

スパークリングワイン・シャンパン スレッドのテンプレートとまとめです。

目次

 

現行スレッド †

現行スレッド
スパークリングワイン・シャンパン9泡目

前スレッド
スパークリングワイン・シャンパン8泡目

過去スレッド一覧

テンプレ †


>>1 †

 シャンパン、スパークリングワインについて語り合いましょう
 
 
 シャンパン - Wikipedia
 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/シャンパン
 スパークリングワイン - Wikipedia
 https://ja.m.wikipedia.org/wiki/スパークリングワイン
 
 スレッドまとめwiki(テンプレ含む)
 http://pc.usy.jp/wiki/314.html
 過去スレッド一覧
 http://pc.usy.jp/wiki/314.html#d8f6c735
  
 前スレ
 スパークリングワイン・シャンパン9泡目
 http://hello.2ch.net/test/read.cgi/wine/1405924371/

過去スレ †

【ドン】スパークリングワインシャンパン【ペリ】
スパークリングワインシャンパン2杯目
スパークリングワイン・シャンパン3杯目
スパークリングワイン・シャンパン4杯目
スパークリングワイン・シャンパン5杯目
スパークリングワイン・シャンパン6杯目
スパークリングワイン・シャンパン7泡目
スパークリングワイン・シャンパン8泡目
スパークリングワイン・シャンパン9泡目 ←現行スレッド

シャンパンとスパークリングの違いは「生産地」 †

スパークリングワインとは、発泡性のワインの総称です。
しゅわしゅわしたワインは全てスパークリング(泡立つ)ワインと呼ばれます。
一方シャンパンは、フランスのシャンパーニュ地方産の発泡性ワインのことを指し、
世界的なブランドとして確固たる地位を築いています。

「スパークリングワイン」は色々な国、地域で生産されていて、たとえば
ドイツなら「ゼクト」、スペインでは「カヴァ」、イタリアでは「スプマンテ」等、
さまざまな種類があります。

世界最高峰のスパークリングワインブランドであるシャンパンは、お祝い等の
パーティーで見かける機会が多いですが、フランス貴族の女性が、唯一酔えることを
許されたお酒でした。
フランス貴族の間では、普段女性は酔って乱れることを許されませんでした。

しかし唯一、シャンパーニュ(シャンパン)を飲むときだけはそれが許されたのです。
シャンパーニュ(シャンパン)はそれほどまでに特別高貴なお酒なのです。

主なスパークリングワイン †

スパークリングワイン - Wikipediaより
ttps://ja.m.wikipedia.org/wiki/スパークリングワイン

フランス †

  • シャンパン
    • シャンペンとも。フランス・シャンパーニュ地方で生産されるスパークリングワイン。総じて泡が非常に細かいのが第一の特徴。
  • クレマン (Crémant)
    • シャンパーニュ以外の地域で、シャンパンと同様の製法で造られたスパークリングワイン。芳香の強い白ワインの産地であるアルザス地方のスパークリングワイン、クレマン・ダルザス (Crémant d'Alsace)等が有名。「Crémant de」の後に産地名が続く(ロワール、ブルゴーニュ等)。
  • ムスー(Mousseux)
    • 「ムスー」とは、「泡」の意味。AOCに指定されているものから、テーブルワインまで各種ある。上記のCrémentはトラディッショネル方式で作られるが、ムスーは様々な方式で作られている。
  • ペティヤン (Pétillant)
    • フランス語で「ぱちぱちはねる」の意味で、弱発泡性のワインのこと。いくつかのAOCがある。

スペイン †

  • エスプモーソ(espumoso)
    • スペイン語でスパークリングワインを表す一般名詞。
  • カバ(Cava)
    • スペインの特定地域で生産されるスパークリングワイン。シャンパーニュ地方産ではないのでシャンパンとは呼ばないが、同等のトラディッショネル製法を用いたスパークリングワインである。シャンパンと同じくらい古い歴史を持つ。

イタリア †

イタリアの弱発砲ワイン、ランブルスコのロザート(ロゼ)

  • スプマンテ(Spumante)
    • イタリア語で「発泡性の」という意味の言葉で、イタリア語で(「微発泡」「半発泡」以外の)各国のスパークリングワインを指す一般名詞。日本では“イタリアのスパークリングワイン”を特にこう呼ぶ。代表的なものにはアスティ(地名。葡萄品種はモスカート・ビアンコ)、フランチャコルタ(ロンバルディア州ブレシア県の一地域の古い地名。葡萄品種はシャルドネ、ピノ・ビアンコ、ピノ・ネーロ。歴史は比較的浅いがシャンパンと同様の瓶内二次発酵の製法で知られる。白葡萄品種のみで作られるサテンもある)、プロセッコ(葡萄品種名。産地はヴェネト州コネリアーノ、ヴァルドッビアーデネなど)などがある。
  • フリッザンテ(frizzante)
    • イタリアで「微発泡」「半発泡」のものをフリッザンテと呼ぶ。モスカート・ダスティ(葡萄品種名+地名)などがある。
  • ランブルスコ(Lambrusco)
    • ランブルスコは、天然弱発泡性で赤、白、ロザート(ロゼ)が存在し、甘口から辛口まで様々なタイプが造られている。ランブルスコは一群の葡萄品種=サラミーノ種、マラーニ種、マエストリ種、グラスパロッサ種、モンテリッコ種など=の総称であり、それらの葡萄から作られたワインも指す。産地はエミリア=ロマーニャ州モデナ県、レッジョ・ネッレミリア周辺のレッジャーノ地方、マントヴァ周辺のマントヴァーノ地方。

ドイツ †

  • ゼクト (Sekt)
    • シャンパンと同じ製法で造られた、アルコール度数と炭酸ガス気圧が一定値以上のドイツのスパークリングワイン。

オーストラリア †

  • スパークリング・シラーズ オーストラリアの発泡性赤ワイン。フルボディで甘みの残るものが多い。シラーズ以外の品種も用いられる。

スロヴェニア †

  • ペニーナ (Penina)
    • スロヴェニア(slovenija)のスパークリングワイン。

日本 †

日本では1985年に北海道池田町が初めてスパークリングワインの生産に着手しており、
1990年代以降国内中小ワイナリーでスパークリングワインが少量ながら生産されている。
また2007年よりメルシャンが「日本のあわ」シリーズと題して、同社の勝沼ワイナリーにて
「勝沼のあわ」「穂坂のあわ」の2品種を生産・発売しているほか、2009年からは岩手県葛巻町
の「くずまきワイン」もスパークリングワインの生産を開始した。2002年には北海道小樽市の
北海道ワインが炭酸ガスを注入して造るスパークリングワインを商品化し、中でも
「おたるナイヤガラスパークリング」は2012年現在年間5万本を売り上げる人気商品と
なっている。

シャンパンの中でも、よく市場に出回っている人気の高い商品 †

  • ドン ペリニヨン
  • 王道という言葉が相応しい、日本でもっとも知名度の高いシャンパンと言われる「ドン ペリニヨン」。「ドンペリ」という略称で親しまれ、特別・豪華という印象が強い人気のシャンパンです。
    通常の熟成期間を経た「白」から、色鮮やかなピンクのラベルが特徴の「ロゼ」、金色のラベルをした熟成期間の長い「ゴールド」、通常の熟成よりさらに長い熟成期間を経た「エノテーク」、最高級の「P2」などその種類も豊富です。また、その他にも、ボトルの底に電池が取り付けられていて、ボタンを押すとエチケットが光る「ルミナス」などもあります。
  • クリュッグ
    • フランス北部の街ランスに拠点を構えているシャンパンメーカー「クリュッグ」。 数あるシャンパンの中でも最高級とされ、品質に対する真摯なこだわりから「シャンパンの帝王」と称されています。
      主な種類としては、ベーシックな「グランド・キュヴェ」や、ベースワインにシャンパーニュで作られた赤ワインをブレンドするというアッサンブラージュ法で醸造された「ロゼ」、メニル・シュール・オジェ村の単一畑から作られた「クロデュメニル」などがあります。
      また、「クリュッグ」の愛飲家は「クリュギスト」と呼ばれており、フランスのみならず日本にも数多くの「クリュギスト」が存在しています。日本でも「クリュッグ」は特別のシャンパンと評価している人は多いですね。
  • サロン
    • 優れているヴィンテージのみしか作らないため、「幻のシャンパーニュ」と呼ばれている「サロン」。
      葡萄の出来に納得がいかない年にはシャンパンを作らないということもあり、作ったとしてもおよそ10年の熟成期間を経てから市場に出てきます。
      そのため、これまでに誕生してきたヴィンテージも他のメーカーのシャンパンと比べると少なく、希少性が高いのが特徴となっています。 味においても、フランスの権威あるワイン評価本で3つ星を獲得するなど、保障された上級の味が約束されています。
  • ルイ・ロデレール
    • 1776年に創業された大変歴史あるシャンパン・メゾンである「ルイ・ロデレール」。有名な大手シャンパン・メゾンですが、生産量(約260万本/1年)はそれほど多くはありません。 200ヘクタールに及ぶ広大な自社畑から80%の葡萄をまかなっており、世界中で高い評価を受ける世界最高峰のシャンパン製造会社となります。
      主な種類としては、世界最高級シャンパンである「クリスタル・ブリュット」や、スタンダードな「ブリュット・プルミエ」、フルーティな香りとキレのある甘みが特徴の「ブリュット・ロゼ」などがあります。
  • ヴーヴ・クリコ
    • 人の目を引くオレンジ色のラベルが印象的なフランスの老舗シャンパン・メゾン「ヴーヴ・クリコ」。
      シャンパン造りに情熱を注いでいたフランソワ・クリコ氏が逝去した後、未亡人となった妻「ヴーヴ・クリコ」の功績によって、その名を世界に広めフランスを代表するシャンパン・メゾンとしての礎を築きました。
      主な種類としては、英国王室御用達にも選ばれている評価の高いシャンパンで、さわやかさとキリッとしたのみ応えが味わえる定番の「イエローラベル」や、サーモンピンクのラベルが可愛らしいロゼシャンパン「ローズラベル」などがあります。
  • ペリエ・ジュエ
    • 美しいボトルデザインが特徴の「ペリエ・ジュエ」。繊細さとエレガントさを併せ持った味わいが特徴で、名だたる著名人やセレブ達を魅了してきたシャンパン・メゾンです。品質とこだわりを持ち辛口シャンパンのパイオニア的な存在として知られています。
      主な種類としては、白のアネモネの花が描かれたボトルが特徴的な高級シャンパン「ベルエポック」や、ノンビンテージとして変わらない味を提供する「グラン ブリュット」、フルーティな香りが楽しめる「ブラゾン ロゼ」などがあります。
  • モエ・エ・シャンドン
    • 普段シャンパンを飲まないという人にも名が知れているほどの超有名シャンパン「モエ・エ・シャンドン」。フランスの世界有数のシャンパン製造会社であり、高級シャンパンである「ドン ペリニヨン」も有しています。
      そのネームバリューの高さから、結婚式の披露宴で振舞わることが多く、比較的リーズナブルな金額からプレゼント用としても人気が高い商品です。
      主な種類としては、メジャー商品の「ブリュット アンペリアル」のほか、サーモン・ピンクのラベルが特徴の「ロゼ アンペリアル」、やや甘口な「ネクター アンペリアル」、夏季限定「アイス アンペリアル」などがあります。

過去ログ †

スパークリングワイン・シャンパン9泡目より

362 :Appellation Nanashi Controlee:2015/11/14(土) 00:01:28.66 ID:z2MhhHmX
そろそろシャンパンが無駄に値が上がり難民になる頃だね〜 
1年は早い。今年飲んで美味しかったプレステージ。 
個人的にはペリエジュエが当たりだった一年な気がする。 

アンリ・ジロー フェド・シェーヌ ブランドブラン2002、2004 
アンリ・ジロー フェド・シェーヌ アルゴンヌ2002、2004 
クリュッグ・ヴィンテージ 2003 
サロン 1996 

ペリエ・ジュエ ベルエボック2006 
ドラピエ カルト・ドールブリュット ミレジム1979 
ローラン・ペリエ グラン シエクル 
ボランジェ グランダネ・ロゼ2005 
ディアマン ブルー・ミレジメ 1999 

363 :Appellation Nanashi Controlee:2015/11/14(土) 16:08:39.31 ID:OUPaYwtb
>>362 
アンリジローのブランドブランは04年は2,000本限定のだね。 
正規インポート物? 
国内のアンリジローは並行輸入品が多すぎ。 

364 :Appellation Nanashi Controlee:2015/11/14(土) 16:15:51.40 ID:u/asmgS+
>>362 
11月はシャンパーニュのテイスティングイベントがアチコチであるから、この時期は
まだお得に楽しめる 

Counter: 1534, today: 2, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-04 (金) 20:31:30 (1578d)