工人舎 SHシリーズ

SH6のリカバリー / バックアップ †

リカバリーCDは付属していません。リカバリディスクを作成するオプションもありません。HDDからリカバリーします。

通常のリカバリ †

*HDD内のWindows Vistaが起動出来ない場合はこの方法は利用出来ません。

  1. BIOSのKOHJINSHAロゴ表示の後、F8を押す
  2. 詳細オプションからコンピュータの修復を選択後、言語選択
  3. ユーザー名とパスワード入力してからシステム回復オプション
  4. KOHJINSHAハードディスクリカバリプログラムを選択
  5. システムパーティションをリカバリかドライブ全体をリカバリを選ぶ
  6. 選択後Symantec ノートンGhost11が起動しすぐにリカバリが始まる

SH6WX04A では違っていました。 †

おそらくXPプリインストールマシンの為だと思いますが、ノートンGhostを使わないようです。 BIOSロゴの後F4を押す

HDDをまっさらにした後のリカバリ †

検証してみました。

結果、以下のような方法で、パーティションを切りなおした後でもリカバリが可能であることを確認しました。
※リカバリに必要なファイルのバックアップは購入後すぐにやっておきましょう。

  1. ブート時のF8キー押下でリカバリモードに入り、コマンドプロンプトを開いて、以下のファイルをバックアップ。(いらないファイルもあるかも)
    • X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\SYSTEM.GHO
    • X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\SYSTE001.GHS
    • X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\NTFS.GHO
    • X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\*.txt
  2. C:\KJS\EmergencyCD\emergency.iso をCD-R/RWなどに焼く。
  3. HDDのパーティションを切りなおす、などしてリカバリパーティションを無くす。
  4. 既存のFAT/NTFSのパーティションに、バックアップしておいたファイルをフォルダ構成を保ってコピーする。
    ディスク全体をリカバリする場合は、内蔵のHDDではダメ。
    システムパーティションだけをリカバリする場合は、C:ドライブ以外に置けば良い。
    • 例えば、D:\ にコピーするなら D:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\*.* としてコピーする
  5. emergency.iso を焼き込んだCDでブートする。
  6. 「工人舎ハードディスクリカバリプログラム」を選択してリカバリする。
    • ディスク全体のリカバリを選択する場合、出荷時と同じパーティション構成にしておかないと、最後に「target partition is invalid」とエラーが表示されるようです。
      • 一番最初のパーティションが、1024KB(LBA)から始まるのが重要みたい。
      • Vistaが復元されるのは、必ず「2番目のパーティション」になります。ので、例えリカバリパーティションが不要でも、ダミーでパーティションを1つ用意しておかないとダメでした。(サイズは小さくてもよさげ)
    • SYSTEM.GHO群は外付けのUSB-HDDに再構成しても大丈夫でした。
      というか、ディスク全体をリカバリするなら外部のストレージにする必要があります。

手元に起動可能DVDを作成するツールがなかったので試していませんが、emergency.iso にSYSTEM.GHO群を再構成しても、同様にリカバリが可能だと思われます。

  • ブータブルDVD作って試してみたところ、ちゃんとリカバリDVDになりました。emergency.isoの内容をHDDにコピーして、そこの\SOURCES以下にリカバリパーティションからバックアップしてきた*.GHOなどを再構築してから再度isoイメージに書き戻します(もちろん、ブートセクタもbbie.exeなどで吸い出して再書き込み)。これでリカバリDVDの出来上がりです。 -- 2007-07-21 (土) 04:01:28
  • 今までの情報 809ですが、原因はおそらくCドライブがアクティブになっていないためです。したがって同の809の手順5、エマージェンシーディスクよりのディスク全体のリストアは必要なく、エマージェンシーディスクよりコマンドプロンプトに移動し「diskpart.exe」を使いCドライブを「active」にすれば大丈夫です。 -- 2007-09-07 (金) 04:10:10
  • ↑訂正;ケースにより変わってくるかも…。ディスク全体のリストアの前にお試しください。私の場合も問題がみつかったと言われ、「修復して再起動する」で修正したのですが、Cドライブはアクティブにならず、リカバリパーティションがアクティブになったままで「NO system file」でVistaも立ち上がりませんでした。あと違うとこはGhost ソリュ-ション・シュート1.1とNotin Ghostの違いしかないのですが…。 -- 2007-09-07 (金) 04:42:35
  • X:\sources\recovery\tools\rec_all.cmdをBartPEで起動させたらできた?(実行のみ確認) -- 2008-03-23 (日) 20:11:35
  • ↑追記:リカバリ確認 kjsrec.exeは動作せず。 シャットダウン時にエラーが出るがそのまま手動でシャットダウン -- 2008-03-23 (日) 20:33:50
  • Tlb -- 2009-11-01 (日) 19:41:14
  • ドライブ全体をリカバリー -- 2011-01-27 (木) 09:57:11

出荷時のパーティション †

  • SH6 100GBモデルの場合
    • Heads=16, Sectors/track=63, Cylinders=193821
      NumTypeStart CylinderEnd CylinderFileSystem
      10x2739164NTFS
      20x079164101913NTFS
      30x07101913193819NTFS

今までの情報 †

259 名前:[Fn]+[名無しさん][sage] 投稿日:2007/07/05(木) 23:34:16 ID:e5zeoXQw
リカバリ領域にあるイメージの詳細(SH6KP10Fの場合)
ファイルの場所 X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\
system.gho/3.12GB(3,355,423,464バイト)/2007年6月10日 18:39:22
syste001.ghs/636MB(667,642,825バイト)/2007年6月10日 18:39:22
他にもあるかも知れないけど目に付いたのをピックアップしてみた
リカバリ領域消してもこれらのファイルを抜いておけば
出荷時のCドライブは復元できるはず。

抜き方はロゴの後F8でリカバリプログラムの手前まで進めて
プロンプトを起動してコマンド入力
cd X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\
copy system.gho c:\
copy syste001.ghs c:\
みたいにしてやればCドライブにイメージがコピー出来るので
後は大事に取って置いて書き戻す為の手段を一緒に考えてくれ
WAIK辺りを使ってBOOT.WIMに書き込めばCドライブ修復用DVDが出来そうな感じ
BOOT.WIMは緊急用CDの中のファイル、隠し領域のマウントもやってるみたいだから
コイツの解析を進めると面白そうだね

■開封して電源入れて最低限の設定を終えたら真っ先に
スタートメニュー>コンピュータ>ローカルディスク(C:)>KJS[フォルダ]>EmergencyCD[フォルダ]>にある
emergency.isoを母艦に移すなりCD-Rドライブなりを繋いで緊急用CDを焼くことを薦める。
183MB(192,032,768バイト)程なので質のいいしっかりしたCD-Rを準備しておき
焼いた後は大事に保管してWindowsが立ち上がらなくなった時に備えるべし

175 名前:[Fn]+[名無しさん][sage] 投稿日:2007/07/05(木) 06:55:19 ID:e5zeoXQw
リカバリはBIOSのKOHJINSHAロゴ表示の後F8押して
詳細オプションからコンピュータの修復を選択後、言語選択
ユーザー名とパスワード入力してからシステム回復オプション
KOHJINSHAハードディスクリカバリプログラムを選択
システムパーティションをリカバリかドライブ全体をリカバリを選ぶ
選択後Symantec ノートンGhost11が起動しすぐにリカバリが始まる

他社のノートPCと同じようにゴーストのイメージ抜いてくればDVD化できそうかな?

177 名前:[Fn]+[名無しさん][sage] 投稿日:2007/07/05(木) 07:29:46 ID:e5zeoXQw
KJSにあるemergency.isoが起動時F8押した後に立ち上がる
システム回復オプションのWindowsと同等みたい
HDDからOSが立ち上がらない状況になったらこれでブートして
リカバリ領域が死んでなければ復活させることができるんじゃないか?
事前に焼いておいて、なおかつリカバリ領域が生きてるのが条件だが

この中にKOHJINSHAハードディスクリカバリプログラムも入ってる
別のリカバリ領域の無いマシンでこのCDイメージで起動させると
ノートンGhostが立ち上がるけど何かのファイルが見つからずエラーが出る
(X:\SOURCES\RECOVERY\TOOLS\SYSTEM.GHOが見つからない)

809 名前:[Fn]+[名無しさん][sage] 投稿日:2007/07/13(金) 01:17:23
160GByteのHDD(HTS541616J9AT00)に交換してみた。検体は40GByteモデル。
とりあえず正常に全容量を認識してくれた。

が、元のHDDからバックアップしたディスクイメージをリストアしてもVistaが起動しねぇ・・・。
(バックアップ・リストアにはNorton Ghost 2003を使用)

Vista起動中の画面すら表示されず、リセットがかかってしまう。
リカバリモード(F8起動)も起動せず、こちらはフリーズする。


160GByteのHDDに換装後Vistaも立ち上がらない状態になった。
そこでエマージェンシーディスクで起動したところ、
「スタートアップ オプションに問題が見つかりました」との表示が。

そのまま「修復して再起動する」を選んだところ、無事Vistaが立ち上がるようになった!!
しかし、F8でのリカバリ領域からの起動ができない・・・。

ところが!
もう一度エマージェンシーディスクで起動してディスク全体をリカバリしたところ、
リカバリ領域からの起動もできるようになった!

おそらく、ディスク全体をリカバリすると、MBRなども含めてリカバリしてくれるんでは
ないかと。そのおかげで、リカバリ領域からも起動できるようになったと思う。

たぶん、一回目のスタートアップ オプションの修復は行わず、そのままディスク全体を
リカバリするのが正しい(CやDドライブの内容は消えるが)。
さらに言えば、バックアップするのはリカバリ用パーティションだけでよさそう。

簡単にまとめると・・・

1.エマージェンシーCDを焼いておく
2.元のHDDの状態でリカバリ用パーティションをイメージ化
 (今回、当方はNorton Ghost 2003を使用してディスク全体をイメージ化したが、
  リカバリ用パーティションだけでもよさそう。また、おそらくTrueImage?など他のツールでも可)
3.HDDを新しいモノに交換
4.手順2.で作成したイメージを書き込む
5.エマージェンシーディスクで起動し、ディスク全体をリストア

Acronis True Image †

934 名前:[Fn]+[名無しさん][sage] 投稿日:2007/07/15(日) 06:36:34
Acronis True Image 組み込みキットとWAIKでemergency.isoのBOOT.WIMマウントしてみた。
BOOT.WIMの編集の手前まで進めてC:\WinPE\ISO内のファイルをいったん全削除、
emergency.isoの中身をそのままコピー、for ATIH内のmount.cmdを使い、emergency.isoのBOOT.WIMをマウント
C:\WinPE\mount\sources\recovery\toolsに諸々のデータが格納されてるので
リカバリ領域から吸い上げたSYSTEM.GHOとSYSTE001.GHSを放り込んでunmount.cmdを実行
makeiso.cmdを実行するとリカバリデータ入りになったemergency.isoがC:\WinPE\winpe.isoに出力される
あとは焼いてこれでブートすればHDDのリカバリ領域が無くてもリカバリが出来るようになるはず。


BOOT.WIMに入れるとRAMディスクに展開されるのでこの方法だと駄目ぽ…orz
1枚の一層DVD-Rに収めたいのでもう少し検証してみようと思います。


emergency.isoに最初からあるSOURCESの下にRECOVERY\TOOLSとフォルダを作って
TOOLSにSYSTEM.GHOとSYSTE001.GHSでGhostのリカバリ起動した。
ISOイメージ編集するソフトかWAIKでまた再構築するだけでOKぽ
リカバリデータ含めて3.92GBほど、これでDVDディスク1枚でリカバリ可能に…。


ntfs.ghoも追加、リカバリ対象マシンの制限がないからどんなマシンにも書き出せてしまう訳だが…

969 名前:894[sage] 投稿日:2007/07/15(日) 17:06:54 ID:I2xsYFvB
TrueImage10も入れてみた。

VistaにイントールしたTrueImage10からセキュアパーティションを作成。
そこにバックアップイメージを作成。
ブート時のF8リカバリを押すタイミングでF11押せば、TrueImage?の復元画面呼び出しが、
ちゃんと起動して復元できました。F8のリカバリメニューと共存可能です。

Windows PE 2.0でブータブルCD †

109 名前:30 (前スレ890)[sage] 投稿日:2007/07/17(火) 02:08:22 ID:c0srgEJ5
WindowsPE 2.0でブートできるCD作ってそれで起動し、コマンドプロンプトから
リカバリエリア(他にパーティションがなければCドライブになっているはず)にアクセスできれば、それだけでOK。

後はC:\sources\recovery\toolskjsrec.exeを起動すれば、リカバリが開始するはず。
(実際に試していないので、推測ですが)

前スレのリンクで勘違いさせてしまったかな?
「Windows PE 2.0 に Acronis True Image を組み込む」をリンクしたのは、
WindowsPE2.0のブータブルCDを作るのに参考になりそうだったから。

この辺も参考に、まずはリカバリエリアにアクセスできるか確認してみて。

system.gho †

SH6KP10F
system.gho/3.12GB(3,355,423,464バイト)/2007年6月10日 18:39:22
syste001.ghs/636MB(667,642,825バイト)/2007年6月10日 18:39:22

159 名前:[Fn]+[名無しさん][] 投稿日:2007/07/17(火) 23:39:03 ID:viSmzr5o
SH6KB04A
system.ghoははあるけどsyste001.ghsがTOOLSに無い
system.ghoのサイズは3,278,100,228、タイムスタンプは2007/06/10 19:55


俺のもsyste001.ghsないな。40GByteのHome Basicモデル。
サイズ、タイムスタンプ共に166の報告と同じ。

ブータブルリカバリ DVD †

678 名前:3/3 [sage]: 2007/09/14(金) 02:40:24 ID:+/Pb3Ncd (3)
ブータブルリカバリ DVD の作り方

※mkisofsはそのままでは動作しないので、最新バージョン(mkisofs 2.01a20)を使用すること。下記の展開作業後、既存ファイルに上書きする。

※この書き込み主は Linux で作業してたので、mkisofs とかリカバリパーティションのマウントとかを普通にやっているが、Windows からだと上の mkisofs のバージョンの話みたいに何かとうまくいかないことがあるみたいですまそ。

C:/KJS/EmergencyCD/emergency.iso の中身をどっかに展開する。

リカバリパーティションからぶっこ抜いてきた sources/ 以下全部を、
iso を展開した sources/ にディレクトリ構造を維持してコピー。

正しくコピーできれば、iso イメージ展開先から
sources/recovery/tools/system.gho というファイルができているはず。

この iso イメージ展開先ディレクトリで、mkisofs を以下のように使う。
※ttp://www.dennougedougakkai-ndd.org/pub/mkisofs2-cjk/
※バージョン:2.01a34 このバージョン以前の物では700MちょっとのISOになってしまう

mkisofs -udf -J -r -b BOOT/ETFSBOOT.COM -no-emul-boot -o ../NewRecovery.iso .


するとリカバリイメージ入りの DVD iso ファイルがひとつ上のディレクトリに
できる。ブータブル DVD を作るためのイメージは boot/ 以下に入っていて、
わざわざ既存の iso ファイルから吸い出す必要はない。

このイメージを使って、VMware 上でリカバリができることを確認。DVD からの
リカバリについて詳細は Wiki 参照。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-01-27 (木) 09:57:13 (2284d)