このページは、http://pc.usy.jp/wiki/474.htmlでもアクセスできます。


住まいの害虫対策まとめ

アリ †

アリの種類 †

アリには、ミミズや虫の死骸を運んでいるアリ(雑食性)と、溶けた砂糖や植物に寄生しているアブラムシが分泌する蜜などを好むアリ(吸蜜性)がいます。

  • 雑食性のアリ
    • 虫の死骸を好んで食べる。(※蜜もなめるアリもいる)
    • エサを持って運ぶ。
    • 民家周辺に多い。
    • 種類
      • トビイロシワアリ、イエヒメアリ、オオズアリ、ルリアリ
  • 吸蜜性のアリ
    • 砂糖や蜜を好んでなめる。
    • エサを持って運ぶ習性は弱い。
    • 雑木林などの周辺に緑のあるところに多い。
    • 種類
      • アミメアリ
      • トビイロケアリ

アリの生態 †

アリの生態はさまざまで、1〜2ヵ月で卵から幼虫、さなぎを経て成虫になります。
基本的に1つの巣に1匹いる女王アリが、春から初夏にかけて卵を産み続けます。
夏にはオスとメスの羽アリが羽化して結婚飛行に飛び立ち(6月以降)、新たな場所にコロニーを作ります。
この羽アリはシロアリの羽アリとは別であり、シロアリの羽アリは4〜6月に見られます。
アリは社会性を持った昆虫で、女王アリを中心に全てのアリが役割を持って集団で生活しています。
そして、化学物質(フェロモン)で仲間と情報交換をし、餌の場所や危険を知らせています。
巣の外に出ているアリはほんの一部で、大部分(約97%)は巣の中で活動しています。
見つけたエサはいったん、消化吸収を行なわずエサの持ち運び用として使う体内組織「社会胃」にためて巣に持ち帰り、仲間に分け与えます。

アリの害 †

アリは、屋内に侵入して砂糖やお菓子などに集まったり、時には人に咬みついたりすることがあります。
最近被害報告が多いのは外来種のイエヒメアリで、土のないところでも巣を作ります。
そのために家の中のちょっとした隙間や壁紙の裏などに巣を作って大繁殖し、駆除が非常に難しいアリです。

アリの駆除方法 †

巣の場所はわからないが、巣ごと全滅させたい †

普段見かけるアリは、巣の中にいるアリ全体のほんの一部(3%以下)にしかすぎません。
大部分は巣の中で活動しているため、巣の駆除をする必要があります。
アリはおいしそうな餌を見つけると近づいて舐め、味を確認後、巣に持ち帰り仲間に分け与える習性があります。
この習性を利用したのが毒餌剤の「アリの巣コロリシリーズ」です。
アリの通りそうな場所に設置すると餌と間違えて薬剤を巣に持ち帰り効果を発揮します。
アリは、比較的茶色で小さいアリに多い、餌を舐め採るタイプの「吸蜜性のアリ」と、比較的黒くて大きいアリに多い、餌を運ぶアリ「雑食性のアリ」がいます。
アリのタイプに合った毒餌剤を選んでください。

  • アリの巣コロリ
    • 雑食性のアリが多い場合
  • スーパーアリの巣コロリ
    • 吸蜜性のアリが多い場合
    • どちらの種類かわからない場合

イエヒメアリを退治 †

http://s.ameblo.jp/hitochan007/entry-12030481885.html

  • イエヒメアリは、体長2〜2.5mm程度、橙色っぽい色をしています。
  • 害虫です。食物、衣類も餌となり、ときには人をかみます。


★アリの巣ころり
アリの巣コロリで退治できていた時代もありました。しかし、慣れてしまったのでしょうか、最近は全然、効力がなく退治できなくなりました。
※アリの巣コロリは、薬を餌と間違えて、巣に持ち帰り、巣のすべてのアリを全滅させるというもの。
★アリの巣ころりを改良
アリの巣コロリの中の殺虫成分はそのまま流用して、アリに巣に持って帰ってもらう作戦です。
いろいろ調べてみると、シーチキン(ツナ)に混ぜると驚くほど食いつくらしい

★イエヒメアリ【処理方法】 イエヒメアリの通り道や部屋への侵入口を探し、良く見かける場所に複数の毒エサ剤を設置します。

★ポイント

  • 毒エサ剤を設置しても警戒してすぐに食べない場合もあります。そのような時もすぐに場所を変えず、4〜5日様子を見てください。それ以上待っても食べない時は設置場所を変えてください。 食べ始めたら毒エサ剤の容器には触れない事も重要です。
  • むやみに殺すと警戒ホルモンを出し仲間が近寄らなくなります。特に毒エサ剤設置場所付近はご注意下さい。
  • 毒エサ剤の食いつきが悪い場合は、イエヒメアリの好む乾物(カツオブシなど)を少し混ぜてみて下さい。

アリの駆除 動画 †

シロアリ †

シロアリはあなたの大切な住まいの土台や柱などの木部を食べて、家の強度や寿命を著しく低下させます。
シロアリ被害は目で見て簡単に確認出来ないので次のような点があれば疑ってみましょう。
床下に潜って点検する事をオススメ致します。

■春〜夏にかけて羽蟻を沢山見た。
■床がフワフワと浮いたようになっている。
■床がギシギシ軋む。
■水漏れなどがある。もしくは、水漏れがあった。
■床下の湿気が多い。など。

シロアリは巣を壊滅させないと駆除する事は困難でこのシロアリの巣を探し出す事が駆除への第一歩となります。シロアリの巣が特に多く見られる場所は水廻りが多く、お風呂場、トイレ、玄関、キッチンなどに集中していますので床下に潜りこの周辺を重点的に点検しましょう。
しかしシロアリの巣は土中や壁中などにありますので見て目で発見する事が難しいのが現状です。まず床下を確認する際には基礎や束などに蟻道と呼ばれる蟻の通り道が無いかを探しましょう。床が浮いているような場所なども重点的に点検しましょう。シロアリは外側を残して中だけを食べますので土台や大引きなどは叩いて音の違いを確認しましょう。中が食べられてる場合は音が軽い、他とは違う音がするなどの違いがあります。

  • シロアリを巣ごと壊滅する

コクゾウ虫 †

体長3mm程度の黒い虫 (カブト虫に似ているかな?)米粒に産卵、孵化した幼虫は米粒を食べて世代を繰り返します。
1年に数回世代交代します。4月から10月位までは、気温が暖かいので気がつかないうちにたちまち増えてしまいます。

ノシメマダラメイガ †

卵が孵化して幼虫になっていますし、サナギ、蛾のなってさらに卵を産みつけます。成虫の蛾になると200個卵を産みつけ、孵化してその幼虫になります。
幼虫は米を食べて成長します。口から白い糸出して米の粒をくっつけてサナギになります。

ノシメマダラメイガは食品への混入事例の非常に多い蛾です。幼虫は米や菓子類、香辛料などを食べ、糸を綴り、多数の糞をします。
http://www.naro.affrc.go.jp/org/nfri/yakudachi/gaichu/column/column_015.html

※ノシメマダラは、鷹の爪や輪切り唐辛子からノシメマダラメイガが発生する事例があります。 つまり、唐辛子は、効かない。

ダニ †

ダニの住みにくい環境を作りましょう †

どんな家でも必ずダニは発生しています。そして、残念ながらゼロにすることは不可能です。 ダニは、人間のフケやアカ、埃、その他有機物を食べて増殖します。フケやアカ、汗1gで、なんと約300匹のダニが生息できます。
日ごろの対策として、換気をすることで湿度を減らし、熱と乾燥に弱いダニを住みにくくし、掃除を入念にすることで、ダニのエサを減らし、ダニの繁殖しにくい環境を作りましょう。

駆除剤を使用しましょう †

ダニが繁殖しにくい環境を作るためには、掃除や布団の天日干しなどが大切ですが、掃除機で全てのダニを吸い取ることは難しく、思ったほど除去できません。ダニを効率的に減らすには、駆除剤の使用が必要です。

殺虫処理後の掃除機が大切です †

畳やじゅうたんだけではなく、ソファ、枕、布団、ぬいぐるみなどあらゆる場所に生息し、目に見えないダニを効果的に駆除するためには、部屋全体の駆除と、部分的な駆除を組み合わせた、生息場所に合わせた対策が必要です。
さらに、ダニは死骸や糞もアレルゲンとなります。駆除した後の、掃除機がけが大切です。

定期的な駆除が必要です †

定期的にダニ駆除剤を使用することによって、1年中生息しているダニを低いレベルに抑えることが大切です。
1〜4月、11〜12月は2ヵ月に1回、5〜10月は1ヵ月に1回定期的に駆除すると、7、8月の生息増加時期に増加せず、年間通して低いレベルに抑えることができます。

ハチ †

ハチの巣予防&見かけたハチを駆除 †

  • ハチの巣を作らせない ハチアブスーパージェット
    • ハチが巣を作りそうな場所にあらかじめスプレーするだけで、巣を作りにくくさせます。 また、飛び回るハチやアブを狙い撃ちし速効駆除できる強力ジェットタイプです。スズメバチにもご利用いただけますが、巣には使用しないでください。
      (スズメバチの巣は、保健所や専門業者に依頼してください)
      ※ハチを駆除する場合は、その種類によって攻撃的なハチもいるので、衣服などで皮膚の露出を避け、刺されないように注意してください。

ハチの巣予防のタイミング †

女王蜂は4〜5月に単独で巣作りのできる場所を探して巣を作ります(単独営巣期)。
この時期は攻撃性が低いため、駆除のねらい目です。
この時期に駆除できれば、巣を予防できます。
その後、働きバチが誕生し共同で巣を作るようになると(共同営巣期)、攻撃性が高くなるため注意が必要です。
巣の場所の多くは木や屋根の高い場所ですが、土中や低い場所にも巣を作ります。
また、同じ場所に巣を作ることが多いです。
特にアシナガバチ類は毎年同じ場所に巣を作ります。
巣を作っていた場所は巣を壊し、あらかじめ「ハチの巣を作らせない ハチアブスーパージェット」をスプレーしておくと、ハチの巣作りを予防できます。



Counter: 452, today: 1, yesterday: 1

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-19 (月) 11:21:37 (282d)