このページは、http://pc.usy.jp/wiki/203.htmlでもアクセスできます。

DELL Inspiron 1150 †

概要 †

A4ファイルサイズのノートPC。先代はInspiron 1100、後継機種はInspiron 1300と思われれる。CPUの選択肢として通常のPentium 4だけでなくMobile Pentium 4を選択でき、省電力機能SpeedStepも有効となる。しかし先代同様エントリーモデルゆえか、HyperThreading? Technologyには対応しない。

ハードウェア構成 †

プロセッサIntel Mobile Pentium 4 / Celeron(Northwood、FSB 533MHz)
チップセットIntel 852GMV
メモリPC-2100 SO-DIMM x2スロット、最大2GB(1GBx2)
ビデオ852GMVチップセット内蔵
ディスプレイ14.1インチまたは15インチXGA液晶モニタ
HDD2.5インチ 9.5mm厚 IDE接続
光学ドライブATAPI接続スリムCD/DVDドライブ
マウスタッチパッド
ネットワークBroadcom 440x 10/100 Integrated Controller
モデムConexant D480 MDC V.92 Modem
サウンドSigmatel 9750(AC'97対応)
ステレオスピーカー内蔵
その他PCカード(TypeI/II)x2、USB 2.0 x2、S-Video x1、
RGBポートx1、マイク入力端子、ヘッドフォン出力端子
MiniPCIスロットx1

Windows XPインストール †

Windows XPのクリーンインストールに必要となるドライバは下記の通り。

  1. チップセット(Intel 852GMV)
  2. VGA(Intel Graphics Media Accelerator)
  3. LAN(Broadcom 440x 10/100 Integrated Controller)
  4. オーディオ(Sigmatel 9750)
  5. モデム(Conexant D480 MDC V.92 Modem)
  6. タッチパッド(Synaptics Touchpad)

クリーンインストール前に絶対に用意しておくべきものは、LANドライバ。これがないとドライバを取りに行くことができないため、あらかじめUSBメモリに入れておくこと。それ以外はXPの基本的なインストールが終わってからダウンロードしても良い(ただし画面が狭いなどの理由で作業効率は落ちるので、事前準備するに越したことはない)。

モデムドライバはWindows Updateから勝手に入ってくるので、ダウンロードは必須ではない。

タッチパッドはSynapticsから最新版をダウンロードするとタッチパッドの自動無効化機能が使えないので、Vostro 1000あたりの微妙なバージョンのものを落としてくる。タッチパッド無効化機能が必要ないならば、ダウンロードは不要。

MiniPCIスロット †

Inspiron 1150のMiniPCIスロットはTypeIIIB。TypeIIIAも挿せないことはないが、スロット位置から45mm程度のところに突起があるため、挿すにあたっては背面が衝突しないものを選ぶ必要がある。

例えば玄人志向の802.11ND-MPCIなどは搭載可能。


添付ファイル: fileGPU-Z.jpg 71件 [詳細] fileCPU-Z.jpg 151件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2010-06-25 (金) 00:37:56 (2706d)