このページは、http://pc.usy.jp/wiki/28.htmlでもアクセスできます。

Geode NX †

SocketAマザーの再利用・省電力PC構築の期待が寄せられるCPU、AMD Geode NX
1250@6W、1500@6W、1750@14W好評発売中。1500@6Wの人気は特に高い。
ちなみに読み方は「ジオード」。

Geode NX 3モデル †

CPU内部倍率クロックVCore最高平均待機時
Geode NX 1250133×5.0677MHz1.10V9W6W3W
Geode NX 1500133×7.51000MHz1.00V
Geode NX 1750133×10.51400MHz1.25V25W14W

右3つの列は、消費電力W数(放熱量)。参考→各種CPUのTDP一覧
ファンレス可能なのは1250と1500

  • また、1750は動作クロックによりコア電圧を下げることが出来る。
Geode NX 1750 - Voltage and Frequency Combinations
VCore1.25V1.20V1.15V1.10V1.05V1.00V
クロック1400MHz1200MHz1133MHz1067MHz1000MHz-

クロックを1Gまで下げても、コア電圧を1.00Vまで下げられないのは、1500との差別化が目的でしょうか?

一般的なマザーだと、以下のようにデフォルト電圧が自動的に認識される。
1250→1.275V
1500→1.175V
1750→1.425V

参考ページ †


日本AMD説明会 2004年12月15日 : ASCIIPC WATCHMYCOM

「要するにGeode NXは、モバイルAthlon XP-Mである」
「Athlon XPがパソコン向けCPUの名称として確立しており、差別化するためにGeode NXのブランドを採用した」

GeodeNX発売関連ニュース

  • GeodeNX1250 : Akiba PC HotlineASCIIMYCOM
  • GeodeNX1500 : Akiba PC HotlineASCII
  • GeodeNX1750 : Akiba PC HotlineASCIIASCII

    中身はモバイル向けCPU「Athlon XP-M」のThoroughbredコア版そのもの。
    拡張命令セットの「3DNow! Professional」や省電力機能「PowerNow?!」を搭載するほか、
    FSB 266MHz、1次128KB/2次256KBのキャッシュ容量など、スペックはThoroughbredコアのAthlon XP-Mと同じだ。

対応マザーボード †

Geodeを動かせそうなマザーボード †

PCガレージ・アズ Geode NX 1750@14W 非公式動作確認

Geode NX統合スレ@2W

929 名前:Socket774 投稿日:2005/03/29(火) 21:39:37 4/QJS2V7
パワレポ買ってきた。動作確認はBIOS起動まで。最新BIOSでも起動しなかったものを起動不能とみなす。
OSインスコで使用したマザーはNF7-S(2.0)、CPU電圧を1.1Vにしたら再起動時にエラー発生、1.125Vに設定。
起動したマザーボード
ABIT AN7
     NF7-S(Ver2.0)
     NF7-SL
     NF7-S2G
     NF7(Ver2.0)
     NF7-M(Ver1.21)
     KW7
     KV7
     VA-20
     VA-10
ASUS A7M266-D
MSI  K7N2GM2-ILSR
    KT880 Delta
起動しなかったマザーボード
MSI  K7N2 Delta2 Platinum
ASUS A7N8X Deluxe(Rev2.0)

(DOS/V POWER REPORT 2005年5月号「Geode NXが動作するマザボはこれだ!」)

Geode低電圧動作のヒント †

Geodeの最大の特徴は低消費電力。しかしそれを生かすには、真にGeode対応したマザボを要求される。これらのマザボは(もはや入手が難しくなってきたが)一般的なソケットAマザボに比べ非常に高い。(・・・当然その分高品質だが)業務で使うならいざ知らず、余りものを寄せ集めてサーバー機に仕立てたい・・・と言った人にお薦めできるものではない。

ここでは、一般的なマザボで賢く使うヒントを書く。

1)「一般的なマザボ」

Geodeは基がMobile Athlonなので、すべてのソケットAで動作する訳でない。動作報告などを見て報告例の無いものは人柱にならざるを得ない。

2)Vcore電圧の設定

ジャンパーやBIOSで設定出来るものも有る。「電圧下げM/B 」を参考にしよう。マニュアル設定が出来ないものは、.泪競椶CPUソケットのpinを抜く。Geodeのpinを折る。等の方法もある。・・・腕に自身の有る人は自己責任で。関連情報はfab51等に有ります。

3)Vcoreの設定

  • 1750+を1067Mhzで駆動する場合を例に考えてみよう。 1750+は1067MHz駆動の時、Vcore 1.1V動作はAMDの保証するところ。 ところが、このように設定すると起動に失敗することが多い。

    原因は .泪競椶Vcore電圧は、誤差のため設定値道理にはならない。 一般的なマザボは低電圧設定時のレギュレーションが悪化する傾向にありリップルがやや大きい。 この結果、瞬間的に規定の電圧を切ることがある。1bit足りとてERRが起きるとHungしかねないパソコンでは致命的だ。 高価なGeode対応マザボと一般的なマザボの大きな違い(価値)の一つがこれ。

  • 対策 Vcore電圧をやや高めに設定する。僅か25mV Upでも改善される報告がある。 Vcore周りの電解コンデンサをより低インピーダンス品に交換する。大型のフィルムコンをパラ付けする。パターン強化するなど・・・成功報告は見たこと無いが

                      ・・・ be Happy!!


添付ファイル: filegeode1500_kt7_raid.jpg 2758件 [詳細] filegeode1500_M7VIG400_cpuz.bmp 1363件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-07 (木) 00:06:04 (3120d)