このページは、http://pc.usy.jp/wiki/47.htmlでもアクセスできます。

目次 †

ボードリビジョン †

M7NCGM7NCG 400
リビジョン1.21.31.43.01.07.07.17.2
サウスMCP-TMCP
電圧・倍率変更××××*1
FSBジャンパ*2××
TV-OUT×××
S1ファン停止×××××××
S3サスペンド×××
※1.0、1.1は国内での流通を確認できなかった
 

電圧は1.300V〜2.000V(1.850Vまでは0.025、それ以降は0.05刻み)、
倍率はx5〜x24(13倍の壁有り)までBIOS上で設定可能だが、
変更の可否は上記の表どおりボードリビジョンに依存する。
8rdavcoreでは1.100Vまでの電圧設定が可能だが、
個体差なのか1.200Vまでしか落とせない板もある模様。

搭載コンデンサは全てOSTだが、M7NCG 400の後期ロットでは
CPU周りが日ケミに変更された(ただし本数は一本減っている)。

最も入手がしやすく、かつ流通量が多いと思われるのが、
ドスパラ等で大量に出回ったM7NCG 400 7.2。

ハードウェア相性 †

モバイル系CPU †

GeodeNX 1500などのモバイル系CPUでは、
コールドブートに失敗したり、動作が安定しないことがある。

一度そのCPUでの起動に失敗すると、CMOSデータが化けてしまうのか
他のCPUを挿さない限り立ち上がらないこともあり、厄介。
起動電圧が1.200V以下のものは要注意。

電源を換えたら直ったという報告があるので、
マザーの個体差というよりは環境差なのかもしれない。
問題なく使用できている人も多数いる。

また、OSセットアップ時の再起動が途中で止まってしまうことがあるが、
倍率やFSBを低目に設定すると通るようになる。
一度通過すれば以後の倍率・FSB設定は自由。

CPUクーラー †

・搭載可能
ALPHA PAL6035
CoolerMaster? CP5-6J31C-99/SP5-8ID2E-0L
CoolJag? WJAC204C
GIGABYTE GH-PCU21/PCU22/PCU31/PDU21
GlacialTech? Igloo 2460
Nexus AXP-3200
Scythe 刀/鎌風2(うまくリテンションを入れてしまえば干渉しない)
SPEEZE
 CFA01B2-J
 FalconRock? II
 PHOENIX
 Quiet Falcon
 SkiveStream?
 Spire SPA67B4
Thermaltake
 SonicTower?(ALPHAのFLG462使用?)
 VOLCANO Silent Boost K7
ThCI 85EX-60×80

・なんとか搭載可能
ALPHA S-PAL8045/8055
CoolerMaster? Aero7/Azteca
GlacialTech? Igloo2510
Scythe 侍
SNE 797-1118

Silent Draco CP や VortexDream7、Copper Silent 2L/2M/2Sは
コンデンサ干渉のため、取り付けには加工が必要とのこと。
HHC-L80J(涼水)はヒートパイプを曲げると取り付け可能。

チップセットクーラー †

付属のヒートシンクにグリスが塗られていなかったり、
品質の良くないファンが付いていたりするため、
金笊や青笊に交換する人が多い。HR-05も装着可能。
BIOSTAR M7NCGのVGAFAN交換(ノースブリッジ)

MCP/MCP-Tも結構な温度になるので、夏場は特にシンク追加を推奨。
オンボードサウンドのノイズがこれで改善したとの報告有り。

メモリ相性 †

この板はnForce2マザーの中でも特にメモリに厳しく、
粗悪なメモリではOSがクラッシュしたり、画面にゴミが載ったりすることがある。

memtestパスしたのになんとなく不安定、という人は
メモリをワンランク上のものに交換してみるとよさげ。
BIOSTAR・nVIDIA推奨メモリや ABIT AN7/NF7 での動作報告がある物を選ぶと安心かも。

BIOSのデフォルト電圧は2.5Vだが、DDR400で使う際はちゃんと2.6V、
場合によってはそれ以上に設定すべし。

M7NCG ENGINEERING VALIDATION TEST REPORT (PDF)
M7NCG 400 ENGINEERING VALIDATION TEST REPORT (PDF)
nForceTM Memory Compatibility
http://www.geocities.jp/nf7an7/

TVキャプチャーカード †

・動作確認済
BUFFALO PC-MV3S/PCI
Canopus
 MTV1000
 MTV2000
 MTV2200SX/Light
 MTVX2004HF
 QSTV10
IO/DATA
 GV-BCTV3/PCI
 GVMVP/RX3
NEC
 SmartVision? HG/V
 SmartVision? HG2/R
SKnet MonsterTV2
玄人志向 SAA7133-STVPCI

キャプチャーカードとの相性は大変良く、
スタンバイ・休止が出来るリビジョンでの動作も完璧。
PCIスロットは一番下を利用している人が多い。

QSTV10では、キャプチャソフト起動時やマウスホイールでのチャンネル切替時、
ごく稀にリブートするという報告もあるが、全く問題無いという声もある。

BIOS関連 †

アップデート †

DOSからAwdflashで更新できるほか、
BIOSからFDD上のROMイメージを指定しての更新も可能。
OSがWinならWinflashも使えるが、万全を期すなら普通にDOSブートが吉。

エラーが出て更新できない時は、一度CMOSクリアすること。

M7NCGは最新のNCG1019、M7NCG 400はNCG1215を推奨。
M7NCG 400の最新BIOSはNCG1221だが、
これはGeodeを認識するものの、BIOS上の倍率変更が効かなくなっている。

S3サスペンド †

・M7NCG
NCG0318でのみ可能。

・M7NCG 400 1.0
NCG0917、NCG1225、NCG0310、NCG0610の四件で成功報告有り。
環境のためか個体差か、上記バージョンでも失敗することがあるらしい。
うまくいかない時は幾つか試してみることをお勧め。

・M7NCG 400 7.0〜7.2
メモリスロット右上のパーツが省略されているため、
S3中にメモリへの電源供給ができず、復帰が不可能な模様。
古いBIOSを入れるとS3の項目が出てくることがあるが、期待しないこと。

・電源との相性
電源によってはS3移行時にそのまま終了してしまう。
鎌力とTORICAのSFX電源はどちらもS3で電源が落ち、
最小構成での動作時もたまにプツンと落ちるとの報告有り。

スイッチング電源は特性上、容量に対して負荷が低すぎると出力が安定しないので、
もともと電圧の触れ幅が大きいこのマザーはそれに耐えられない可能性があるが、
NF7Sでも同じ現象が起きたとの報告もある。

FSB400 †

良質なメモリを使用していれば、内蔵VGAでも安定して常用できる。
不安定な場合はIGP電圧を1.7V〜1.9Vにすると効果大とのこと。

M7NCGでは400用のBIOSを入れると安定するが、
DDR400でのデュアルチャンネルが通らなくなったり、
音飛びやIEEE1394の認識に不具合が発生することがある。
Prime95などを長時間走らせても問題ないという報告もあるが、飽くまで自己責任で。

いずれの環境でもチップセットの冷却はしっかりと。

時計ズレ †

【ABIT】AN7/NF7ファンクラブ 23【nForce2】
190 Socket774 sage 04/08/29 17:27 ID:EG7j8RkE
このスレも長いので時計ズレには色々な対策が報告されてきた。
俺がメモった物だけでも挙げておきます。

1、CPU/メモリ比(4/4とか6/6とか)を弄ったり、AGP周波数を弄ったりすると直る場合が多い

2、BIOSでAGPを66MHz固定にしたら狂わなくなった。

3、Spread Spectrumの設定を変える。
(FSB Spread Spectrum → Disabled 
AGP Spread Spectrum → Disabled )

4、FSBちょっとずらすだけで直った。166だったのを167や8程度で。

System PerfomanceをAggressiveからOptimalへ変更したり、
シリアル・パラレルポートをDisableにするなどの対策も有効な模様。
ケース内の温度も影響するようで、サウスへのシンク追加も効果あり。

その他、クリスタルの固定が弱いものがあるらしく、
しっかりとマザーに固定し直すとだいぶ改善されるとのこと。

下記は改造例。

M7NCG 400ファンクラブpart3
28 :Socket774:2006/01/25(水) 02:26:44 ID:iGmyIpZp
コンデンサを一つ半田付けする。

32768Hzのクリスタルとサウスチップの間に4つのチップコンデンサがあるけど、
そのうちのいちばん前(PCIスロットと反対)のコンデンサに
30〜35pF程度のコンデンサを並列に接続する。

最初に実験した時、25pFでいい感じだったので30pFのトリマにしたが、
それでも1日に1秒程度進むのでもう少し大きいほうがいいかもしれない。

負荷実験では、単純な高負荷(Prime95連続6時間等)では大して狂わないけど
何らかの拍子(他のソフトとの組み合わせか?)に10秒ぐらい進んだりしたのが
2回くらいあった。

録画専用等で何日か後に起動させる用途ならこの対策が有効かもしれない。
サーバー用途のような場合は桜時計等、NTP利用の方が安心。

起動しない †

無茶な設定やCMOSクリアを繰り返すと、BIOSが飛ぶ(ように見える)ことがあるが、
大抵はCMOS電池抜きやコンセント抜き放置で復活する。

AUTOEXECを書いてFDDからBIOSの自動アップデートを試してみたり、
FSBジャンパのあるリビジョンではSafeMode?(FSB100)に設定してみるのも有効。

BIOSチップやサウスを押さえたら動き出したという報告もあるので、
ROMとソケットの接触不良や半田不良を確かめてみるのもいいかもしれない。

TV-OUT †

概要 †

M7NCG 3.0からボード上にTV-OUTピンが追加され、TV出力が可能になった。
画質はVideoGate1000やELSAのFX5200には若干劣るが、
ASUSのFX5200よりは綺麗とのことで、なかなか良好。

ピンヘッダは4pin仕様で、一時ドスパラでは適合するブラケットを
添付・販売していたが、適当なコネクタと線材を使えば自分で作れる模様。

TVTool TV-OUT設定変更ツール
M7NCG 400 S-Video out TV-OUTケーブルの自作

うまく映らない・白黒 †

信号の品質に問題があるようで、
NTSCのみ対応の安テレビだと正常に映るが、
NTSC/PALを自動認識できるテレビではうまく同期できず、
画面が乱れたり白黒画面になってしまうことがある。

BIOS設定を『NTSC-M』にしたり、
S端子-コンポジット変換コネクタで接続すると良いとの情報有り。

以下改造例。

M7NCG 400ファンクラブpart3
902 :882:2006/11/08(水) 00:15:09 ID:Ak9hRhhy
試行錯誤というか、NTSCの周波数を出してる
27MHzの水晶を交換した。
それまでBIOSとかドライバ替えたりしてたけど、
結局水晶の精度不足が原因だったのか?

それでも、時々フルスクリーンビデオの画面が乱れるので
forcewareの最新の入れてみたら、特定の映像で
同期が乱れるようになった。他のTVだと乱れないから、
周波数の許容範囲が狭いとか、そんなんかも。
トリマで調整するのもいいけど、他のドライバ試そうかなと思ってる。
っていうか、nForceにforcewareって入れてもいい物なのか?誰か教えて。

905 :882:2006/11/08(水) 22:40:54 ID:piGzZOp6
forcewareの93.71を入れたら、
BIOSTERで配布してる41.14(nVidiaにはない...)で発生した、
画像の乱れが起きにくくなった(気がする)
で、特定の画像で発生していた同期の乱れは
映像フォーマットをntsc-jからntsc-mにしたら発生しなくなった。

画像の乱れはトリマコンデンサで調整できるかもしれないけど、
これ以上板にコテあてるの怖い(汗
まぁ大体これで満足しようかと思います。
でも水晶かえるより、初めからトリマつけたほうがよかったかなあ

勝手にTV-OUT現象 †

モニタの電源を入れていなかったり、モニタケーブルを繋がないで起動すると、
勝手にTV-OUTモードに切り替わってしまうという迷惑な仕様になっている。
CPU切り替え機などを常用している人は注意。

復旧方法は、セーフモードで起動してモニタドライバを削除後、
再起動してドライバの再インストール。

その他の注意事項 †

  • 内蔵VGAでDVI出力したい
    →Shuttle CV22でSXGAまでの出力が可能。ASUS AGP-NV-DVIは不可。
    オンボードVGAをDVI出力
     
  • ビデオカードを挿しても内蔵VGAが無効にならない
    →BIOSの「Frame Buffer Size」をDisableに
     
  • オンボードサウンドにノイズがのる
    →BIOSやドライバを最新に。拡張カードを減らしたり、
    サウスにヒートシンクを付けると少しマシになる。
     
  • スタンバイから復帰後、LANの通信速度が激遅になる
    →デバイスマネージャ→NICのプロパティー→「電源の管理」
    「電力のために・・・」のチェックを外す
     
  • 田コネが無いので、5V出力が大き目の電源をお勧め

参考サイト †

BIOSTAR M7NCG Manual のマニュアル

BIOSTAR M7NCG rev1.4使用記

Socket A ファイナルチューン

おもうツボ nForce2で使えるツールの解説が多数。

NFORCERSHQ BIOSTAR 海外フォーラム


*1 倍変可、電圧変更は不可
*2 W83627HF-AWの右下に謎のジャンパピン(JCLK)あり

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-11-26 (水) 00:05:17 (3310d)