Dell

このページは、http://pc.usy.jp/wiki/49.htmlでもアクセスできます。

モニター †

メモ †

XGA1024×768
WXGA1280×768
SXGA1280×1024
UXGA1600×1200
./WUXGA1920×1200
./SXGA+1400×1050
./WXGA+1440×900
WSXGA+1680×1050

フルカラー †

擬似フルカラー:6bit + 2bit拡張(FRC、Hi-FRC)

  • ◎:1677万色リアルフルカラー、8bit以上(24bit、32bit)
  • ○:1677万色と仕様に書かれていて、8bitの記載がないフルカラー製品(多くはリアルフルカラーではなく、擬似フルカラーHi-FRC)
  • △:1619万色製品、擬似フルカラー(FRC)と記載されている製品

ドットバイドットとアスペクト比固定 †

・DbD(Dot by Dot)
 入力信号の1ドットと、液晶の1ドットが対応している場合にDbDになる。
 例えば、1920x1200の液晶モニタに640x480の信号が入力されたら、
 何も表示されない領域が上下:720ドット左右:1280ドットになる。
 拡大されないので固定画素モニタの長所の、くっきりはっきりは健在。
 でも画面は、ちっちゃい。

・アス固定拡大
 入力信号のアスペクト比(4:3とか5:4とか16:9とか16:10とか)がそのまま維持されて、
 左右or上下いっぱいになるまで拡大表示される。
 例えば、1920x1200の液晶モニタに640x480の信号が入力されたら、
 何も表示されない領域が左右:320ドットになる。
 ただし、ボケボケ。
 でも画面は大きい。

・DbD=アス固定の場合
 例えば、1920x1200の液晶モニタに、1920x1080を入力とか。
 アスペクトは狂わないし、くっきりはっきり。

大抵、DbDの出来るモニタはアス固定拡大出来るし、アス固定拡大出来るモニタはDbD出来る。
でも、DbDとアス固定は意味が違う。

液晶モニタ de 次世代ゲーム機スレテンプレより。

Intel GMA950が対応している解像度 †

SVGA800×600
XGA1024×768
1152×862
1280×600
1280×720
WXGA1280×768
1280×960
SXGA1280×1024
1366×768
SXGA+1400×1050
1600×900
UXGA1600×1200
フルHD1920×1080
WUXGA1920×1200

個人的メモですみませんw

リンクメモ †


Counter: 1990, today: 1, yesterday: 0

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-03 (木) 20:05:51 (513d)