このページは、http://pc.usy.jp/wiki/182.htmlでもアクセスできます。

SoundBlasterAudigy4SE.jpg

SoundBlasterとは †

SoundBlasterとはCreative Technologyが発売している主にゲーマー向けのサウンドカード。世に出ている多くのサウンドカードがDirectSound? 3Dをソフトウェアで処理するのに対し、SoundBlasterでは専用DSPによるハードウェア処理を行う。これにより、FPSなどのゲーム速度低下が致命的となるゲームにおいても、速度低下を小さく抑制することが可能(但し、最近の高性能なCPUではソフトウェア処理でもほとんど差はない)。また一般的なサウンドカードのほとんどは同時発音数が32音であり、それ以上の同時発音数を要求するゲームでは音が消えてしまう現象が発生する。しかしSoundBlasterでサポートされる同時発音数は64〜128音であるため、音が鳴っても聞こえない現象を防ぐことができる。

PCI型、PCI-Express型、USB型、PCMCIA型などの接続方式による違いだけでなく、搭載しているチップの差異による性能差が存在する。そのためゲーム用途で本製品を選ぶのであれば、事前に製品知識を頭に入れておく必要がある。

製品ラインナップ †

概要 †

地雷と非地雷 †

SB-XFT-PA.png

SoundBlasterシリーズで「地雷」とは、上記DS3Dがソフトウェア処理されるものを指す。また製品により異なるが、地雷だとサポートされるEAXが4.0までのものが多い。ただしサウンドカードとしては製品仕様通りに稼働するため、ビデオカードにおける地雷(性能が期待値の半分など)とは用語の定義が異なることに注意。

また地雷品であっても、外付けUSBであることによりケーブルの取り回しが容易であったり、小型軽量でノートPCに最適な製品もある。そのため、実際の製品選びは各個人の用途を考慮されたい。およそエンターテイメント向け機能=音楽を聴くということ=に関しては付属アプリケーションがほぼ同一であることから、地雷・非地雷ともほぼ同機能である。しかし非地雷品の場合はDAC部の装備が非地雷よりも豪華であったり、サポートされているモードもエンターテイメント用以外にゲーム用、オーディオ製作用が用意されているなど、明確な違いも存在する。

地雷・非地雷で搭載されているチップとドライバが変わるため、同時に音質も変わることに注意。特にオンボード用Audigy/X-Fiの機能を実現するMBソフトウェアシリーズは出音が全く異なる。

価格帯 †

非地雷のSoundBlasterの価格は最低8,000円程度(X-Fi XtremeGamer?)または10,000円程度(X-Fi Titanium)から。一方の地雷品は2,000円以下でも買えることがある。購入予定者は財布と相談すること。

SoundBlaster Live!シリーズ以前 †

過去に非地雷製品が存在したが、現行品はNG。

SoundBlaster Audigyシリーズ †

現在新品のリテールボックスとして店頭で売られているAudigyシリーズはすべて地雷品と考えて良い。下記のリストは過去に販売されていたものである。

非地雷品としては下記の他、Audigy ES(SEではない)やAudigy 4 SE(Audigy 2 Valueのリネーム品)が存在する。これらはバルク品として市場に流通したため、性能の割に安価であった。しかし現在入手することはほぼ不可能

※2013年9月、CA10300-IAT LFを搭載PCI-Ex1接続のAudigy Rxがリリースされました。

製品名モデルナンバー接続地雷判定備考
Audigy Rx PCI-Express x1 
Audigy 4SB0610PCIカード単体
Audigy 4 ProSB0380PCI外箱付き
Audigy 2 SEPCI× 
Audigy SESB0570PCI× 
Audigy ValuePCI×SEのリネーム品?
Audigy 2 ZS NotebookSB0530PCMCIA非地雷
Audigy 2 ValueSB0400PCI 
Audigy 2 NXSB0300USB×外付けはI/Oが便利ですが
Audigy 2 ZS Platinum ProSB0360/SB0290PCI 
Audigy 2 ZS PlatinumSB0350/SB0250PCI 
Audigy 2 ZSSB0350PCI 
Audigy 2 ZS GamerSB0350PCI 
Audigy 2 Platinum exSB0280/SB0290PCI 
Audigy 2 PlatinumSB0240/SB0250PCI 
Audigy 2SB0240/SB0320PCI 
Audigy LSSB0312/SB0310PCI× 
Audigy PlatinumSB0090MPCI 
Audigy X-GamerSB0090GPCI 
AudigySB0092/SB0191
SB0232/SB0231
SB0230/SB0161
PCI 

SoundBlaster X-Fiシリーズ †

X-Fi.png

現行品が位置するシリーズ。フルスペック非地雷品は同時発音数128、EAX 5.0、OpenALなど。製品によりX-RAMの容量(有無)が異なるが、それ自体は地雷判定に影響しない。搭載しているチップは、非地雷がCA20K1(PCI)またはCA20K2(PCI-Express)である。

Xtreme AudioはPCI/PCI-Express共に地雷品。

USB接続のX-Fiはすべて地雷。

製品名モデルナンバー接続地雷判定備考
X-Fi Titanium HDSB1270PCI-Express 
X-Fi Titanium Professional AudioSB0888
SB0880
PCI-Expressアジア限定
X-Fi TitaniumSB0880PCI-Express 
X-Fi Titanium Fatal1ty ProSB0886PCI-Express 
X-Fi Titanium Fatal1ty ChampionSB0886PCI-Express 
X-Fi TitaniumSB0880PCI-Express 
X-Fi Fatal1ty FPSSB0466PCI 
X-Fi Fatal1tySB0466PCI 
X-Fi Elite ProSB0550/SB0510
SB055A/SB0510
PCI 
X-Fi PlatinumSB0460PCI 
X-Fi Xtreme Gamer Fatal1ty ProSB046A/SB0466PCI 
X-Fi Xtreme GamerSB0730PCIロープロファイル
X-Fi Xtreme MusicSB0460/SB0463
SB0464/SB0465
PCI 
X-Fi Digital AudioSB0460PCI日本限定
X-Fi Xtreme AudioSB1040PCI-Express× 
X-Fi Xtreme AudioSB0790PCI× 
X-Fi Xtreme Audio NotebookSB0710ExpressCard× 

種類が多いため、購入時には製品群を絞ってから考えると良い。現状では大きく分けて5つに分類される。非地雷は1〜3まで。4または5については導入のメリットを考慮する必要がある。

#系列接続地雷判定備考
1X-Fi Titanium HDPCI-Express最新世代
Titaniumの音質向上版
2X-Fi TitaniumシリーズPCI-Express1世代前
HDより安価
3X-Fi PCIシリーズPCITitaniumより前に出たもの
PCI接続であればこちら
4X-Fi Xtreme AudioPCI
PCI-Express
×CA20K1/2非搭載のもの
とても安価
5X-Fi その他USB
ExpressCard
Software
×その他のシリーズ

Recon3D以降のシリーズ †

Windows Vista以降のOSでは、DirectSound?のハードウェアアクセラレーションが廃止されました。 その影響か、それ以降に発表されたRecon3Dでは、ハードウェアアクセラレーションが搭載されていません。 Recon3Dの後継であるZシリーズもハードウェアアクセラレーションが搭載されていません。 残念ながら、地雷品ではないシリーズはもう新たに発表されることは無いでしょう。

OEM版X-Fiについて †

XtremeMusic?については、USでリテールBOX品として販売されているパターンと、Dellやhp、GatewayなどにOEM供給されているパターンが存在する。前者のリテール品と後者のOEM品の違いはDolbyDigital?/DTSのデコード機能の有無であり、どちらも非地雷。PAXドライバのサポート製品にも含まれる。

最近のDell製ワークステーションやハイエンドデスクトップ(Alienware)にはX-Fi TitaniumのOEM品が選択可能。一方同じDell製PCでも、これより価格帯の下がるXPSシリーズ以下の製品群ではX-Fi XtremeAudio?等の地雷品しか選べない場合がある。

製品名接続地雷判定
X-Fi TitaniumPCI-Express
X-Fi Xtreme MusicPCI
X-Fi Xtreme AudioPCI/PCI-Express×

SoundBlasterソフトウェア †

DellのPCにバンドルされているHDソフトウェアやM/Bに添付されているソフトは、当然のことながらソフトウェア処理である。またMSIのM/Bに添付されているSoundBlasterアドオンカードやオンボード音源もすべてソフトウェア処理(ハードウェアアクセラレーションが効かない)である。

これらのソフトウェアはオンボード音源ドライバに後付け(追加アプリ的)の形で導入する。したがって、SoundBlasterシリーズのアプリケーションやエフェクトが不要であれば、導入しないという選択肢を考えるのも良い。

製品名接続地雷判定
SoundBlaster Audigy ADVANCED MBソフトウェア×
SoundBlaster X-Fi MBソフトウェア×
SoundBlaster X-Fi MB2ソフトウェア×

Creative以外のX-Fiシリーズ †

Creative以外のベンダーから発売されているX-Fiシリーズは下記の通り。Creative以外のX-Fiについても地雷・非地雷が存在するが、Creativeの製品と同様にCA20K1/CA20K2(X-Fi Xtreme Fidelity)の有無が分かれ、それによって判別が可能。

AuzentechのX-Fiは本家CreativeのX-Fiと同等の機能を有する以外に、音質面での向上を狙った製品である。GIGABYTEのG1.Assasinに搭載されているX-FiはオンボードでありながらCA20K2を搭載し、スロット消費無しでX-Fiの機能が実現されている。ONKYOのSE-300PCIEはCA20K2を搭載しつつ高音質を実現しているが、DDL等の一部機能が利用できない。

メーカー名製品名接続地雷判定その他
AuzentechAuzen X-Fi HomeTheater? HDPCI-ExpressHDMI端子付き
AuzentechAuzen X-Fi Forte 7.1PCI-Expressロープロファイル
AuzentechAuzen X-Fi Prelude 7.1PCI 
AuzentechAuzen X-Fi Bravura 7.1PCI-Express× 
AUDIOTRAKPRODIGY 7.1e X-Fi AudioPCI-Express× 
MSI  ×M/B付属品
ASUSSupremeFX X-Fi 2 ×M/B付属品
GIGABYTEG1.Assassin M/B搭載品
GIGABYTEG1.Sniper M/B搭載品
GIGABYTEG1.Sniper2 M/B搭載品
ONKYOSE-300PCIEPCI-Express 

Dolby Digital Live and DTS Connect Pack †

Dolby Digital LiveやDTS Connectが標準でサポートされていないX-FiやAudigyに対して、これらを使えるようにするための有料追加コンポーネント。X-Fi Titaniumより前に発売されたほとんどのカードがこれに当てはまる。

OEM版の非地雷X-Fiでも、このコンポーネントを導入してDDL/DTS Connectを利用することができるようになる。

システム要件は下記の通り。

  • 非地雷のX-FiシリーズまたはAudigy/2/2ZS/4シリーズ
  • デジタルアウト端子
  • Windows Vista SP1またはXP SP2以降
  • それなりに新しいドライバとコンソールランチャ
    (古いとインストールが完了してもDDLのロゴや設定画面が出ない)

購入はオンラインショップから。導入時にアクティベーションがあるので、複数枚持っている人は要注意。値段は2009年7月時点で$4.72(約500円)。稼働OSによりDDL/DTS Connectのどちらが使えるか変わるので、購入予定者は商品詳細ページをよく読むこと。

X-Fi Titanium以降ではデフォルトでDDL/DTSCを利用できるが、Creativeのドライバダウンロードページから追加コンポーネントとしてダウンロードし適用する必要がある。

PCI→PCI-Ex1変換 †

xg_dctfuta1.png

PCIからPCI-Expressへの移行を前提としてX-Fiを購入する場合は、大陸志向ブランドのDCT-FUTA1を使うことで資産を継承しつつスムーズな移行を行うことが可能である。DCT-FUTA1はロープロファイルなPCIカードをPCI-Exressに変換するカードであり、X-Fi Xtreme GamerとDCT-FUTA1を組み合わせることで、PCIからPCI-Expressへの移行を行うことができる。DCT-FUTA1は単なるブリッジカードなので、特別なドライバは不要である(Windowsの標準ドライバで動作する)。したがってきちんと認識された場合は、PAXドライバなどを用いつつ、Windows 7 x64などでも問題なく動作させることが可能。

ただし2011年現在、DCT-FUTA1は新品入手が極めて難しいため、実行に移せるチャンスはほとんどない。オークションなどでうまく入手できるのであれば可能な方法。また当然のことながら相性問題も存在するため、すべてのM/Bにおいて安定動作するとは限らない。チャレンジ精神が必要なカードであるとも言える。

玄人志向から同様の製品としてPCI-PCIEX1が販売されている模様。ただし変換用ブリッジチップはDCT-FUTA1とは異なるため、人柱の覚悟が必要。


添付ファイル: fileX-Fi.png 35件 [詳細] filexg_dctfuta1.png 29件 [詳細] fileAudioControlPanel (2).jpg 382件 [詳細] fileTitanium with DDLDTS (2).jpg 351件 [詳細] fileTitanium with DDLDTS.jpg 426件 [詳細] fileSB-XFT-PA.png 34件 [詳細] fileSoundBlasterAudigy4SE.jpg 35件 [詳細] fileSoundBlasterAudigy4SE.png 38件 [詳細] fileAudioControlPanel.jpg 809件 [詳細] fileDELL X-Fi with DDLDTS (2).jpg 705件 [詳細] fileDELL X-Fi with DDLDTS.jpg 1175件 [詳細] fileDELL X-Fi.jpg 1238件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-09-09 (月) 00:51:09 (1925d)