自転車 > 自転車購入相談スレ まとめ
このページは、http://pc.usy.jp/wiki/376.htmlでもアクセスできます。

目次 †


候補選びのポイント †

装備の見方
spec_rei_sumb.gif

例えば上図のA車B車という2つの候補があったとする。
A車
表記上は「コンポはAlivioメイン、3×9段」だが、ブレーキ・クランク・ハブ・リム等は安物でコストダウン。
B車
表記上は「コンポはAltus、3×8段」だが、ブレーキ・クランク・ハブ・リム等は良い物が使われている。

安全に関わるブレーキ性能、フロントの変速性能に関わるクランク、漕ぎ出しの軽さや回転の良さに関わるホイール、
これらがコストダウンされていてカッチリ動作しないと、車体の「よく走り、よく止まる」質感がダウンしてしまう。
表記上は一見A車の方が良さそうに見えるが、トータルではB車の方がバランスが取れているという見方もできる。
装備を評価する場合は変速機だけに注目するのではなく、車体全体や重要駆動パーツに注目すると良い。
※参考:「パーツ構成の注目点」

車体特性の見方
geo_sumb.gif
フレームの剛性やジオメトリ等から来るコーナリングや加速等の車体性能は乗ってみないと分からない事が多い。
サドル・グリップ等が身体にフィットするかどうかや乗車姿勢も快適性に大きく関わってくる。
※参考:「ジオメトリ表の読み方」

乗車姿勢の見方
shisei_sumb.jpg
前述のジオメトリと関連して、乗車姿勢が低く伏せた姿勢になるか、アップライトかの違いが出る。
ヘッドチューブが長くてハンドルが高く近い位置だとアップライト姿勢になり、逆だと前傾姿勢を取る。
またフレーム形状や姿勢から来る見た目の違いも選定要素の一つ。
この様に1つの観点のみに捉われず、評価軸を増やし総合的に判断して自分に合った1台を選ぶと良い。

タイヤ選択
パンクしにくさは太さではなく、主にタイヤ内に仕込まれた耐パンク層の耐パンク性能で決まる。
また空気圧不足によるリム打ちパンクがパンクの主原因の場合は、空気圧を適正にすれば防げる。
※詳細は→ 「クロスバイクのタイヤ」スレテンプレを参照。
※ロード系WO規格とMTB系HE規格のタイヤ幅の関係と、リム幅による装着可能なタイヤ太さの目安は概ね以下の通り。
rim_tire_air_sumb.gif

回転パーツ重量の影響
wheel_weight_sumb.jpg
自転車は回転パーツの最外周にあるタイヤとリムが軽いと、漕ぐのに必要なエネルギーが減って少ない力で発進できる。
エスケープR3の2016年モデルや、Rail700が漕ぎ出しが軽いのも、ホイール外周にあるタイヤやリムが軽いおかげ。
自転車は総重量よりもこの回転パーツの外周部が軽いことの方が影響が大きいので、重視して見ると良い。
フレームにペットボトル500gを載せて漕いでも体感は殆ど変わらないが、前後タイヤが合計500g軽くなるとハッキリ体感できる。
ランニングで例えると、背中に1�の荷物を背負うよりも、靴に左右計1�のオモリを入れて走る方が辛いようなもの。

自転車保険
相手に怪我をさせた、相手の車体を破損した、など高額の賠償請求に備え必ず自転車保険に加入を。
車保険の特約で自車もカバーするのが最もコストを抑えられる。
自動車保険に入っていない場合は、下記の様な単独の自転車専用保険になるがやや割高。
・セブンイレブン 自転車向け保険
・エアーリンク 自転車の責任保険
・三井住友海上 GKケガの保険
・エース損害保険 自転車でも安心
・モンベル 野外活動保険
・au損保 あ・う・て・じてんしゃ Bicle(バイクル)


予算別の候補選定例 †

【1】予算2〜3万円台の候補例 †

この価格帯はボスフリー3×7段で各部も安物な所謂「ルッククロス」と呼ばれる類の車種が多い。
ボスフリー車はカセットフリー車とは互換性が基本的にないのでアップグレード等はあまり考えず、
「自宅から駅までの数km圏内の短距離移動」「盗まれても痛くない安い自転車」と割り切って使う向け。
ただし中には上の価格帯のクロスバイクと比べても見劣りしないお買い得の車種も稀に登場する。
yosan4man_sumb.gif

(A)店頭販売モデル
アサヒサイクル スレイプニル ※1サイズ展開
ボスフリー21段、クイックリリースではなくナット留め、など値段なりのルッククロスらしい装備だが、
3万円の自転車にしては12kgとそこそこ軽く、錆び難いアルミフレームで割り切って使う分には十分。
ヨドバシやビッグカメラなど量販店の自転車コーナーで取扱ってるので店頭購入が可能。

モーメンタム iNeed Z-3-H ※2サイズ展開
4万円以下では数少ないカセットフリー3×8段で、ルッククロスとは言われない最低限の性能は有してる。
イオンバイクの店頭で買えるので、メンテナンス面では通販で購入するより安心できる。
420mm/460mmの2サイズあるが設定身長の割にハンドルが遠いので、実物に跨って姿勢が合うか確認を。

(B)通販専用モデル
アートサイクル C400 ※2サイズ
4万円以下では珍しくボスフリーではなくカセットフリーの3×7段に、ハブ・ブレーキ・ワイヤー類など全てシマノ製で統一し、
各パーツ類の耐久性や動作信頼性が高い。細身のクロモリフレームでスピードを出すよりはゆったり走る向けの性質。
他候補と比べてコストパフォーマンスが高い代わりに、通販専用車種なので店頭で買うことができず、
ホイールの振れ調整やワイヤー調整のチェック等を自力でやれる人向け。
※参考:「通販購入時の注意点」
また受注生産に近い体制を取っているので納期が長くなることがある(特に3〜5月の繁忙期等は2〜3ヶ月待つ事も)。

※その他の候補は、「ルッククロスについて語ろう」スレ テンプレ「4万円以下のクロスバイク」スレ テンプレも参照。



【2】予算4〜5万円台の候補例 †

クロスバイクとして最低限の装備が揃う価格帯で、各社の売れ線モデルが揃うので費用対効果が高い。
各部の耐久性も上がり、片道1時間(15〜20km程度)程度の通勤にも使える耐久性と走行性能がある。
yosan6man_sumb.gif

(A)車重が軽いが、装備は悪いタイプ

コーダーブルーム Rail700A(レイル700A)
上の表にある通り、車重10�台の車種の中では一番安価に手に入る方。
その代わり図の赤枠の箇所のホイール・ブレーキ・クランク等は全て廉価品で耐久性や動作信頼性は落ちる。
Rail700Aの上位機種のRail700になるとホイールタイヤ等の軽量化が進み、ブレーキ等も良い物になるので、
予算があれば上位機種の無印Rail700も検討を。

ジャイアント ESCAPE(エスケープ) R3
総重量10.2kgでタイヤも軽くてショートホイールベース設計なので、漕ぎ出しが軽くキビキビと動ける。
ブレーキはTektro、クランクはProwheel、ハブはFormula、と駆動系パーツ類が軒並み安物なのが弱点。
その分フレームにコストを掛けていて、フレーム重量1200g台の軽さに加え溶接痕や塗装も綺麗で質感が高い。

FUJI(フジ) Palette(パレット) エスケープやRail700と並んで軽量タイプだが、他の2車種よりもハンドル位置が低めで前傾姿勢が強くなる。
低く構えたハンドル位置と、カラーの入ったクランクやハブやワイヤー類と、セミディープリムなど派手な外見が売り。
見た目を優先してカラーパーツを付けた都合もあって、ホイール・ブレーキ・クランク等の駆動系パーツは全て廉価品。
特にクランクは新品でも微妙に歪んでたり調整しても変速性能が余り良くない場合があるが、そこは外見重視で妥協を。

▼エスケープ・Rail700・パレットの乗車姿勢とフレーム設計の違い
Palette_R3_Rail700_170cm_sumb.jpg
パレットは前傾姿勢が特に強く、Rail700とエスケープはアップライト姿勢なので、好みの方を。


(B)装備が良いが、車重が重いタイプ

ジオス ミストラル
車重が11kgとそこそこ軽く、舗装路のスピード走行が得意なタイプ。
この価格帯だとハブ・リム等がコストダウンされてホイールの耐久性が低い物も多いが、
ミストラルはシマノ完組WH-R501ホイール装備で足回りの耐久性と軽さが安定してるのが大きい。
更にブレーキ・クランクもシマノAcera/Altus/Tourneyグレードで統一され、同価格帯の中では装備の充実度が抜群。
その代わりフレームは低コストで見た目が少々安っぽいのと、初期タイヤが重いのが難点。
初期タイヤを摩耗で使い切って消耗品交換する際に、例えばグラベルキング28Cなど軽量で耐パンクガードもあるタイヤにすれば、
タイヤ前後で合計0.5kg近く軽くなり、漕ぎ出しが軽くなる上に車体総重量も10�台になってエスケープみたいな軽快なバイクに変わる。
毎年春から秋にかけて限定カラー(マットブラック or ブルー)版が出るが、ステムなどパーツ色も違うため結構印象が変わる。

ラレー ラドフォードLTD(ラドフォード リミテッド)
ミストラルより定価が少し高い分、フレームの溶接痕や塗装などの見た目の上質感も少し良くなる。
アラヤAR-713(リム重量400g台)という軽量・高剛性リムに、シマノTourneyTX800ハブと32本スポークの丈夫なホイールで、
リムが軽いせいか、同じタイヤ同士で比べて漕いだ感じがシマノWH-R501より軽いかもしれない位のホイール性能がある。
更にタイヤは耐パンク性能が高いシュワルベ マラソンを履き、ブレーキはシマノSORA、クランクや変速もシマノAltusなど、
全ての駆動系パーツが最初から良い物で固められてるので、5〜6万円前後の候補では特にコストパフォーマンスが高い。
初期タイヤのマラソンは耐パンク性能は高い代わりに重量が1本600g近くもあり漕ぎ出しが重くて乗り心地も硬い欠点がある。
通勤などパンクが困る用途だと初期タイヤのマラソンにもメリットはあるので、自分の好みに合わせてタイヤ選択を。
弱点は135mmエンドなので、WH-R501等のようなロード用の完組ホイールが基本的に使えない点は了承を。
なお、ラレーはメーカーの指示でネット上では原則定価表示で実売価格が分からないようになっているが、
実際の店頭では約1万円ほど安くなる事も多く、実売5万円台前半でこの装備内容ならかなりお買い得の候補になれる。

ブリヂストン シルヴァ F24
2015年モデルはブレーキ・クランク・ハブ等をシマノAlivio/Acera/Altusグレードで揃え、耐パンクタイヤ装備で装備が特に良い。
更にセンタースタンド・ワイヤー錠・乾電池式ライト等を初期装備済みで本体以外の出費が抑えられ、コストパフォーマンスが高い車種。
(但し、2016年モデルからはハブがFormula製にコストダウンされ、ハブの長期耐久性面で1、2ランク落ちるようになった)
車重が重くて耐パンクタイヤも重量がある上に、後述の図「フレーム設計の違い」にある様に反応性より安定性重視の車体設計の為に、
漕ぎ出しの軽さや加速の良さといった点は期待できないが、装備が良くフレームも厚みがあり頑丈で耐久性に優れる。
また軽快性に乏しい代わりに低速安定性が高いので、純正オプションや汎用パーツでカゴ・フェンダー等を付けて実用車的に使うのに向いている。

▼フレーム設計の違い
frame_geo_sumb.jpg
(1)上図の左側の青枠で囲ったトレック FXやブリヂストン シルヴァ等の車種は、ロングホイールベースに寝たフォーク角を持つ。
軽快さよりも安定性を最優先した設計なのが分かる。
(2)それに対して図右側赤枠のエスケープR3やミストラル等は、短めのリアセンター・ホイールベースでフォーク角も立っている。
クロスバイクの中ではロード寄りの設計になっており、舗装路のスピード走行での反応性の良さを重視してるのが分かる。


(C)車重が軽く装備も良いが、通販専用のタイプ

アートサイクル A670F-PRO2
ロード設計フレームに約10kgの軽さでスピード走行が得意な上に、ブレーキ・クランク・ハブ含め全てシマノClarisで統一。
(A)運動性重視タイプと(B)耐久性重視タイプの両方の長所を兼ね備えた様な高いコストパフォーマンスを持つ。
ただし通販専用モデルなので、自力メンテできる人のみ、その恩恵を受けられる形になる。
また受注生産に近い体制の為、通販モデルにしては組み立てはしっかりしてる方だが納期が遅めな点は注意。


【3】予算6〜8万円台の候補例 †

車重10kgを切る軽量化モデルや、カーボンフォーク搭載モデルや、コンポがワンランク上がるモデルなど、
4〜5万円のクロスバイクにプラスアルファの付加価値が加わる価格帯。
軽さに特化、耐久性に特化、など個体差が大きくなってくるので車体性格のバリエーションも増える。
自分の使用環境や好みのタイプに合った車種選びが重要になってくる。
yosan8man_sumb.gif

(A)軽量性重視タイプ
コーダーブルーム Rail700
車重9.4kgは6万円台では最軽量クラスな上に、初期装備タイヤとホイールも軽量タイプで漕ぎ出しの軽さが売り。
旧年度モデルの在庫が5万円台で売られている場合もあり、その場合は特にコストパフォーマンスが高い。
ホイールとクランクは廉価品だが、6011アルミフレームにシマノAceraブレーキなど価格の割に装備が良い箇所もある。
軽量タイプの中では特にコストパフォーマンスが高いが、アップライト姿勢が強いのは好みが分かれる所。
アップライト姿勢の方が乗り易いと感じる人はRail700を、前傾姿勢の方が好みの人はFUJI パレットを、と好みで選択を。

(B)剛性重視タイプ
ジャイアント ESCAPE RX3
ロードバイク並に太くて剛性重視の6011アルミフレームで、リアセンターも425mmとクロスにしては短めのスポーツ設計。
軽量タイプのRail700やESCAPE Airより漕ぎ出しは少し重いが、強い踏力で漕いだ際のダイレクトに進む加速感は上。
ガシガシ漕ぐような乗り方の人に向いているが、その分乗り心地は硬めになり長時間走行にはやや不向き。
上位機種のESCAPE RX2も、RX3との価格差が小さい割にカーボンフォーク装備など費用対効果が高い。
※参考:「ふたつのESCAPE」「Escape RXとEscape AIRの違い」

(C)耐久性重視タイプ
トレック 7.4FX 体重制限136kgの丈夫な車体に太目の32Cの耐パンクタイヤを履き、軽い未舗装路も走れるタフさが売り。
そうした耐久性重視タイプの中では10.6kgと比較的軽い方で、舗装路のスピード走行も結構こなせるのでバランスが良い。
135mmエンドでロード系ホイールは使えないので、体重が軽くて綺麗な舗装路のみ走行の人にはメリットが薄くなる。

(D)快適性重視タイプ
キャノンデール Quick4
体重制限136kgの丈夫さを持ちつつ、「SAVEステー」フレームは振動軽減重視の構造で乗り心地が良い。
またハンドルがとても「近くて高い」位置に来て、まるでシティサイクル並に超アップライト姿勢で乗れる。
その代わりスピードは出ないので、気楽な姿勢でのんびりペースで漕ぐのが好きな人向け。
同様の快適性重視タイプにはクロモリフレームを使ったジェイミスのコーダスポーツコーダコンプがある。

(E)舗装路専用フラットバーロード
ジオス アンピーオ
「軽さやスピードを重視したいが、乗り心地が硬いのは困る」という場合にバランスが取れてる候補で、
細身クロモリフレームは乗り心地が良く車重も9.7kgと軽めで、ロングライドにも向いている。
ただし初期サドルとグリップが薄くて硬いので、コンフォート性の高いサドル・グリップに交換すると更に快適になる。
ダボ穴が無くキャリアが付かない点、前傾姿勢が強めな点、28C以上の太いタイヤが入らない点は人を選ぶが、
フレームがロード設計なのでドロハン化すればロードと殆ど同性能になり、舗装路仕様としての拡張性は高い。

▼フレーム設計の違い
geo_7man_sumb.jpg
ロングホイールベースでMTB寄りのトレック FXと、ショートホイールベースで前傾の強いフラットバーロードのGIOS アンピーオ、
その中間でクロスバイクにしてはロード寄りのGIANT エスケープRXなど、設計からも能力タイプの違いがある程度は分かる。







2016年モデル パーツ比較一覧表 †

【表の見方】
(1)価格は税込(消費税8%)での定価表示。
(2)PC画面の解像度が低く、表が大きすぎて見難い場合は、ブラウザの「表示」メニューで表示倍率を下げる。
または表をドラッグしてExcel等に貼り付ければローカルPC上に表をコピーできて見易くなる。
(3)セルの色が、橙色など暖色系カラーの箇所は比較的良いパーツが使われている。
車種名の項目が、水色の車種は車重が軽く(10kg以下)、黄緑の車種は駆動系パーツが良い物で統一され廉価品の箇所がない。
(4)表の「ダボ」(キャリアやフェンダーを付ける台座のネジ穴)の項目については下記の通り
○:リア末端とシートステー両方にダボ穴あり、
△:リアのみダボ穴あり(シートステーにはダボ穴なし)、
×:ダボ穴なし(簡易フェンダーのみ可)、
※「△」のシートステーにダボ穴がない場合はダボ穴付きシートクランプを使えばキャリアを装着可能。
(5)表の「タイヤ銘柄」の「耐」の項目に○がある場合は耐パンクガード入りで貫通パンクに強くなる。
(6)表の一番右側の初期装備品の項目は以下の通り。
スタンド:「センター」だとセンタースタンドを初期装備済み、「○」だとキックスタンド(サイドスタンド)を装備。
フェンダー:「○」だとフェンダー(泥除け)を装備。
キャリア:「リア」だとリアキャリア、「フロント」だとフロントキャリア、「カゴ」だと前カゴを装備。
チェーン:「○」だとチェーンカバーを装備。
鍵(ロック):「ワイヤー」だとワイヤー錠が付属、「馬蹄」だとサークル錠(馬蹄錠)が付属する。
ライト:「電池」だと乾電池式ライトが付属、「ハブ」だとハブダイナモライトを初期装備済み。
※スタンドやフェンダーやキャリア等が付いてない車種でも後から汎用パーツで追加は可能。


エンド幅130mmのフラットバーロード(サス無し&ショートアーチブレーキ) †


エンド幅130mmのフラットバーロード(サス無し&ロングアーチブレーキ) †


エンド幅130mmのクロスバイク(サス無し&Vブレーキ) †


エンド幅135mmのクロスバイク(サス無し&Vブレーキ) †


エンド幅135mmのクロスバイク(サス無し&ディスクブレーキ) †


エンド幅135mmのクロスバイク(サス有りモデル) †


フロントシングル(変速がリアのみ)のクロスバイク †


内装変速のクロスバイク †