wiki運営の都合上、ページを移動しました→[[Geode NX/Linux]]

このページは、&pgid(link);でもアクセスできます。

~
~
↓念のため、データをそのまま残していますが、ページの編集は[[Geode NX/Linux]]をお願いいたします。
*Geode NXでLinux [#j2fa0d7f]

**AMD Geode NX向け PowerNow! 周波数制御 強制有効化パッチ [#k29650e5]
Linuxをインストールした際、そのままではPowerNow!が有効にならないので~
kernelにパッチを当ててこれを強制的に動かそうっていうのが目的です~

あくまでLinux上にて周波数制御を行うのみで、''&color(#ff0000){電圧制御は出来ません};''。~
真のPowerNow!を利用したい人は対応するマザーボードの購入をおすすめします。~

Thanks Driver Labo~
http://driver-labo.dyndns.org/~

- kernelのビルド参考~
Fedora Core 3でカーネルソースをインストールするには~
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/680kernelsfc3.html~
Fedora Core 2でカーネルを再構築するには~
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/608kernelrbfc2.html

*** kernel-2.6.14[#w26cbc83]
&ref(Geode NX/Linux/k7powernow_2614_patch.tar.gz);
-Fedora Core 4~
kernel-2.6.14-x.xxxx_FC4.src.rpmにて作成&color(#0000ff){動作確認};(詳しくは覚えてません)

*** kernel-2.6.15[#w26cbc83]
&ref(Geode NX/Linux/k7powernow_2615_patch.tar.gz);
-Fedora Core 5~
kernel-2.6.15-1.2054_FC5.src.rpmにて&color(#0000ff){動作確認};

*** kernel-2.6.16[#w26cbc83]
&ref(Geode NX/Linux/k7powernow_2616_patch_test.tar.gz);
-Fedora Core 5~
%%kernel-2.6.16-1.2071_FC5.src.rpmベースにて作成 ''&color(#ff0000){動作未確認};''%%~
kernel-2.6.16-1.2080_FC5.src.rpmにて&color(#0000ff){動作確認};

*** kernel-2.6.17[#w26cbc83]
&ref(Geode NX/Linux/k7powernow_2617_patch.tar.gz);
-Fedora Core 5~
kernel-2.6.17-1.2xxx_FC5.src.rpmベースにて作成 ''&color(#ff0000){動作未確認};''~

*** kernel-2.6.18[#w26cbc83]
&ref(Geode NX/Linux/k7powernow_2618_patch.tar.gz);
-Fedora Core 6~
kernel-2.6.18-1.2798.fc6.src.rpmにて作成&&color(#0000ff){動作確認};~

*** それ以降のkernelについて [#ta634e5d]
過去のkernelパッチでも動作すると思われます。~
なぜならここ最近のkernelではcpufreqに大きな変更がないためパッチの適用が可能だからです。~
ですが確実性ではおすすめしませんので、自己責任でお願いします。~
余裕のある人はこの際自分でパッチの作成をしてみてはどうでしょうか?~



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS